ココナッツオイルプリングに歯のホワイトニング効果はなし!



coconut

最近、一部の人の間でココナッツオイルを使ったオイルプリングが流行っています。

芸能人の道端ジェシカさんや人気ブロガー、モデルさんたちが美容・健康のために行なっているものです。

その中で、ココナッツオイルでオイルプリングをすると歯のホワイトニング効果がある!というネット情報がありますが、全くデタラメで嘘なので注意してください。

ココナッツオイルのオイルプリングとは?

オイルプリングとは、純粋なオイルで口の中をうがいを行なうことです。

インドのアーユルヴェーダに由来するといわれており、インドではもともと「ガンデゥーシャ」とも呼ばれている健康法です。

ココナッツオイルを使用したオイルプリングの方法は以下のように行ないます。

1)純粋なココナッツオイルを大さじ1杯程度口の中に含む

2)ブクブクうがいを15分〜20分程度行なう

3)飲み込まずに、オイルをそのまま吐き出す

4)口を水でゆすいで完了

ココナッツオイルのオイルプリングの効果は?

ココナッツオイルを使ったオイルプリングの効果は、ネット状では老廃物のデトックスや歯のホワイトニング、顔が引き締まる、免疫力が強化されるなど様々な良いことが書かれています。

医学的にも証明されている、と書かれている記事もあります。

しかし、実際には、ココナッツオイルには歯のホワイトニング効果は全くありません。ココナッツオイルはヤシ油で、成分は脂肪酸とビタミン、ミネラルからなります。歯を漂白するためには、過酸化水素または過酸化尿素などを使用しなければならないため、歯の漂白効果は全くありません。

もし、体感で「歯が白くなった」と感じた感想があれば、それは単にブクブクうがいを長時間(15分以上も!)行い、歯の表面にある歯垢や飲食物による汚れがとれただけであると考えられます。

お風呂で顔を洗った後はなんとなく顔が白くなったように感じますよね。それと同じ程度のものです。

また、ココナッツオイルの中身が白いから、「歯も白くなるに違いない」と勝手にイメージしているだけです。

ココナッツオイルプリングに歯のホワイトニング効果は全くありません

以上のように、ココナッツオイルでのオイルプリングには歯のホワイトニング効果は全くありません。にもかかわらず、こうしてネット上に「歯のホワイトニング効果がある」と書かれているのは何故なのでしょうか?

それは、単純で、誰かが最初にいい加減な知識から「歯のホワイトニング効果がある」と書いたせいで、それを検索で見た読者が自分のブログに(情報の裏付けもせずに)コピペで掲載していった、ということが続いている為です。

このように、体に関係のある情報は、素人が正しい知識を持つことなく、適当に情報を書いている記事がほとんどですから、民間療法的な健康法を試す場合はくれぐれも注意してください。

今回の場合はまだうがいだけなのでそれほど害はないかと思いますが、飲み込んだり、もっと刺激のある成分(重曹歯磨きなど)を行なうとかえって体に害を及ぼしかねません。

こちらの記事にも素人の歯を白くする裏技に注意という内容を書いていますので、ご参考になさってください。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。