オールセラミック治療


高品質なオールセラミックを格安でご提供

大阪・淀屋橋の河野歯科医院では、皆様に身体に優しい治療を受けていただきたいとの想いから、金属を全く使わず、生体親和性の高いセラミックによるメタルフリー治療を行っております。

セラミック治療は保険が適応されませんのでご負担が多くなりがちです。

しかし、河野歯科医院ではできるだけ多くの方に快適さと安心をお届けするため、企業努力により全国でもリーズナブルな価格でセラミックの歯をご提供しています。

このため、東京など遠方からもわざわざ来院される方が多くいらっしゃいます。

オールセラミックとは?

オールセラミックとは、表裏も全てセラミック素材でできた人工歯のことです。

天然歯のような透明感を持ち、自然な美しい歯の色を表現することができます。

金属不使用ですから、アレルギーのリスクがなく、耐久性にも優れており、変色や劣化の心配がありません。

中等度以上の虫歯治療では、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を作成します。

保険治療の場合、奥歯なら銀色の金属が、前歯から糸切り歯までは白色の歯科用プラスチック(レジン)が使用されます。

これらは審美性に劣るだけでなく、耐久性が低く、劣化や変色が起こりやすいのが欠点です。

また、唾液と反応して金属の溶け出しが起こると、2次虫歯・粘膜への金属の沈着(タトゥー)・金属アレルギー・不眠・イライラ・原因不明の疲れ・電磁場過敏症などのリスクが高まるといわれています。

オールセラミック治療の流れ

1.歯の形成・お口の型取り

歯科医師が丁寧に歯の形を整え、その後、歯の型をおとりします。

2.模型の作成

STEP1で採った歯型に超硬石膏を流し込み、石膏模型を作製します。

3.CAD/CAM自動設計・切削加工

支台歯・模型からインレー・クラウンの形状を自動設計し、セラミックフレームを作成します。

大阪の河野歯科医院で採用しているキャスタブル方式により、耐久性の高い安定した品質の歯が作られます。

4.微調整

熟練の歯科技工士があなたのお口に合わせて、1本ずつ手作業で形や色を調整します。

5.装着

歯科医師が最後の微調整を行い、特別な接着セメントで装着します。

なお、型とりから装着まで、約1週間~10日ほどを目安にお考えください。

ただし、前歯などに使う場合は装着前に「試適」という期間を設け、装着感や色合わせなどの最終チェックを行うことがあります。



大阪の河野歯科医院では開業以来、「自分や家族にも勧められる安全で品質の良いものを使用し、皆様により美しく健康になっていただきたい」というポリシーを一貫して持ち続けています。

そのため、利益率を抑え、華美な内装や過剰な広告・看板などに費用を費やさず、企業努力を続けコストカットを実現しています。


近年、セラミックの歯を安く調達できるからと中国の技工所に注文する歯科医院も増えてきているようです。

しかし、大阪の河野歯科医院では、品質の高さ・精密さにこだわり、国内ISO9001:2008認証技工所に在籍する、熟練した専属歯科技工士へ作製を依頼しています。

また、高い品質を維持するため、自主勉強会を行う、セミナーやスタディグループに積極的に参加するなど、ドクターや歯科衛生士全員が知識や技術の研鑽に励んでおります。あらゆる努力の成果を多くの方に還元し、喜んでいただくことが、私たちの喜びと意欲につながっています。