高校生でも歯のホワイトニングができるって本当?



時々、高校生や大学生の方から「歯のホワイトニングをしたいのですが、私でもできますか?」という質問をいただくことがあります。

結論からいうと、親御さんの承諾があれば可能です。

今回は、未成年(高校生や大学生)のホワイトニングについてご説明します。

高校生でもホワイトニングは可能です

大人の永久歯は、16歳以上(高校生以上)になるとほぼ表面のエナメル質が完成していますので、16歳以上の高校生であればホワイトニングが可能です。

大学生ももちろん可能です。

ただし、20歳未満の未成年の場合は、ホワイトニングの料金の支払いについて保護者の方の承諾が必要になりますのでご注意ください。

まれに、親御さんに何も言わずに内緒でホワイトニングや矯正、セラミック治療をしたいと相談される場合がありますが、この場合は治療をお受けすることができません。

最初の初診だけ、親御さんと同伴で予約をされるか、保護者の方の同意書をもらっていただくことをおすすめしております。

中学生以下はホワイトニングができません

一方、高校生未満、つまり15歳未満(中学生以下)はホワイトニングをすることができません。

これは、大人の永久歯が生えそろってまだ間もないことから、神経が過敏になりやすかったり、エナメル質の石灰化が完全でない場合があるからです。

思春期になるとどうしても見た目のことが気になりだす頃だとは思いますが、高校生までの辛抱だと思って待ってくださいね。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。