歯のマニキュアホワイトコートのメリットデメリットとは?



p204a

歯のマニキュアで「ホワイトコート」とよばれる方法があります。

ホワイトコートはホワイトニングをしたいが人工歯なのでできない方や、
結婚式などで日にちがせまっておりホワイトニングが間に合わない方などに向いています。

今回は、歯のマニキュアとよばれるホワイトコートのメリット・デメリットをご紹介します。

歯のマニキュア!ホワイトコートとは?

ホワイトコートとは、歯のマニキュアと呼ばれているように、歯の表面に薬剤を塗り光で固めて白くするものです。

ホワイトコートは以下のような手順で行なわれます。

1)前もって歯の表面をクリーニングしておく

2)歯の表面に専用のプライマー(接着剤)を塗布し、白色のベースコートを塗って光で固める。

3)透明で光沢のあるトップコートを塗り、光で固めて終了。

このように、とても簡単な手順で歯のマニキュアをすることができます。

歯を削ったり痛めることも全くありません。

白さは通常6種類程度あり、好きな白さを選ぶことができます。また、天然の歯だけでなく、セラミックや銀歯などの人工歯にもホワイトコートを行なうことができます。

ホワイトコートのメリット

ホワイトコートのメリットとしては、以下のようなメリットがあります。

・歯を全く削らないので、歯を痛めることがない

・天然歯だけでなく、セラミックや銀歯などの人工歯にもホワイトコートを行なえる。

・1日ですぐに歯を白くできる。

・1本3000円〜6000円程度と比較的安い

ホワイトコートのデメリット

ホワイトコートのデメリットとしては、以下のようなデメリットがあります。

・すぐにはがれてくるので、歯を白くする効果が続かない

・費用対効果を考えると、ホワイトニングのほうがコスパが高い

・歯と歯がかみあう場所にはホワイトコートを行なうことができない(下の歯の先端など)

・歯磨きや日常の食生活で、部分的にはがれてきて醜くなる。

・自分ではがすことはできないので、最終的に歯科医院での掃除が必要

ホワイトコートをおすすめする場合

ホワイトコートにはメリット・デメリットがありますので、これらをよく踏まえた上で歯のマニキュアを行なうことが必要です。従来の手や足のマニキュアとは全く環境が異なりますので、持ちはかなり悪いと思って頂いたほうがよいです。

ホワイトコートをおすすめする方は、ズバリ結婚式などで急遽歯を白くする必要があるけれども、ホワイトニングを行なう時間の猶予がない場合です。(式まで数日しかないなど)

それ以外の方であれば、普通のホワイトニングを行なった方が綺麗に白くなりますし、コストパフォーマンスも高いです。

ホワイトコートを行なう上での参考になさってください。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。