歯の消しゴムに白くするホワイトニング効果はなし!



巷には、歯を白くするという謳い文句のグッズや歯磨き粉が多く発売されています。

その1つが、「歯の消しゴム」です。今回は、歯の消しゴムのホワイトニング効果についてご説明します。

歯の消しゴムとは?

歯の消しゴムとは、文字通り消しゴムのような形をしており、ゴシゴシと歯の表面をこするように使います。

歯の消しゴムの材料は、シリコンゴムや研磨剤が使われています。

商品紹介ページには、「歯医者のホワイトニングに行かなくてOK!」「驚く程白くなってびっくり!」などと書いてありますが、まったくのデタラメです。歯の消しゴムにホワイトニング効果はありません。

歯の消しゴムは、表面の汚れを少しとる程度

歯の消しゴムは、そのシリコンゴムと研磨剤の力によって、歯の表面にある着色汚れを少し取る程度です。その結果、若干歯が明るくなったように感じることはあるでしょう。

ただし、歯がもともと内部から黄ばみを帯びている場合は、全く効果がありませんので注意してください。

歯の消しゴムを使用する際の注意点

歯の消しゴムにはシリコンゴムと研磨剤が入っていますので、あまりゴシゴシすると歯の表面が削れて、ミクロ単位の傷がついてしまいます。そうなると、かえって着色しやすい状態になってしまうのです。

ですから、歯の表面の汚れを1回とる程度でとめておくほうがよいです。毎日使用するのは到底おすすめできません。

また、歯の表面の着色汚れをとるなら、歯科医院でクリーニングを受けた方が綺麗になります。ご参考までに。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

 

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのはいかがでしょうか?

 →ホワイトニング用歯磨き粉スーパースマイル