歯を白くする重曹磨きの危険性



フリー写真素材

自宅でできる、歯を白くする裏技として、「重曹磨き」がインターネットなどで情報が出回っているのをご存知でしょうか。

実は、この重曹磨きはとても危険で、歯を痛める可能性が高いものなのです。

その理由をご説明します。

重曹とは?もともとは台所などで使う洗剤

重曹とは、アルカリ性で、もともと台所や洗濯などで溶かして使われていました。

今でも布おむつの洗濯や、自然派ママの間で重曹がよく掃除に使われています。

これは市販の化学合成洗剤に比べれば、もちろん肌には優しいものなのですが、歯に対して使うとなると話は別です。

なぜなら、重曹の粒子自体がとても大きく、歯を傷つけてしまうからです。

歯を白くするために重曹磨きは危険!

歯を白くするために、重曹磨きを推奨している裏技では、

重曹で歯を磨くことによって、歯の表面についた着色汚れやヤニなどがとれるため、としています。

これは、歯の表面の汚れがとれることによって「歯が白くなったようにみえる」だけであって、

もともとの内部の歯の黄ばみを白くする作用は全くありません。

そして、さらに、歯の表面のエナメル質を重曹の粒子が傷つけてしまいます。

エナメル質が傷つくとどうなるかというと、歯が弱くなってしまうだけでなく、その傷に着色汚れがつきやすくなり、

かえって「着色しやすくなる」といった自体になってしまいます。

歯を白くするために重曹磨きをしても、かえって着色しやすくなる!

よって、歯を白くするために重曹磨きをしても、そのときは汚れがとれて白くなったようにみえるかもしれません。

しかし、長期的にみれば、エナメル質を傷つけて歯が弱くなったり、

着色汚れがつきやすくなったりします。

このように簡単にできる歯を白くする裏技には、やはり「裏」があるものです。

ちまたの素人がいう情報は、あてにしないことをお勧めします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。