歯のクリーニングでは白くならないのですか?



歯のクリーニングでは白くならないのですか?
歯のクリーニングでとれるのは、表面の汚れや茶渋などの着色です。

よって、歯のクリーニングでこれらの汚れがとれ、
一時的に明るく白くなったと感じることはありますが、
根本的に白くなっているわけではないので、再度汚れがつくとまた色がつきます。

また、歯の内部からの黄ばみ(日本人に多い)をクリーニングで白くすることはできません。

黄ばみや歯の黒さを根本的に白くしたい場合には、クリニックでのホワイトニングが必要です。

もちろん、ホワイトニングの前にクリーニングをしたり、
メンテナンスとしてクリーニングを行うことはとても効果的なので、
虫歯や歯周病予防の意味でもクリーニングは続けるほうがよいでしょう。

自宅でも簡単に白くしたい方には、ホワイトニング専用歯磨き粉がおすすめです。

>whitecampain

河野歯科医院では、白くなりやすく、しみや痛みがないWhite-Coolホワイトニングを使用しております。→大阪で人気のホワイトニングサロン 河野歯科医院はこちら


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。