妊娠・授乳中はなぜホワイトニングができないのか?



時々、妊娠中または授乳中の方から、歯を白くするためのホワイトニングを行いたいができますか?という質問をいただくことがあります。

答えとしましては、妊娠・授乳中はホワイトニングをすることができません。

ホワイトニングは胎児に影響するのか?

妊娠中の方が一番気にされることは、「ホワイトニングをすることによって、胎児に悪影響があるのか?」ということでしょう。

実は、ホワイトニング自体が胎児に悪影響を及ぼすということはまずほとんどいってないといわれています。

研究報告でも、ホワイトニングをして流産したとか、奇形児が生まれたというような報告はありません。

ホワイトニングで使用されている薬剤は、過酸化水素や過酸化尿素であり、これらは体の消毒剤にも使われています。

妊娠中・授乳中はホワイトニングができない理由

とはいえ、妊娠中・授乳中はホワイトニングが禁忌とされていてできません。

なぜ?と思われるかもしれません。その本当の理由は、「万が一何かあった際に困るから」です。

直接ホワイトニングの薬剤が問題ないとしても、例えば長時間椅子に座っていることだったり、なんらかの刺激がきっかけになって、妊娠生活に支障をきたすことがあるかもしれません。

また、同時期にトラブルになるようなことをしていた場合(薬の服用、外傷、暴飲暴食など)、ホワイトニングのせいなのか、その他のことのせいなのかがわかりにくくなります。

そのため、万が一のトラブルを避けるためにも、やはり妊娠中や授乳中は避けてくださいというのが歯科医院の本音なのです。

授乳が終われば、ホワイトニングができますので、それまでお待ちいただけますようお願いいたします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

 

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのはいかがでしょうか?

 →ホワイトニング用歯磨き粉スーパースマイル