歯の色の白さをみるシェードガイドとは?



こんにちは、大阪で人気のホワイトニングサロン 河野歯科医院です。

みなさんは自分の歯の色がどれくらいか、ご存知ですか?

実は、ホワイトニングをするときなど、自分の歯の白さをチェックできるガイドがあり、これをシェードガイドと呼んでいます。

今回はシェードガイドの見方についてご紹介します。

歯の明るさをみるシェードガイド

実は、歯の色をチェックするシェードガイドは、ほとんどの方が勘違いされているのですが、「歯の色」ではなく「歯の明るさ」を明るさ順に並べたものです。

歯科医院でよく使われているシェードガイドは、VITA社のシェードガイドで、A3,A2,A1など記号がふってあり、歯の明るさ順に並べられています。

審美歯科でセラミックの歯を作るときや、ホワイトニングの施術前後の比較をするときに使われます。

シェードガイドの明るさ順

一般的なシェードガイドは、以下の明るさ順にならんでいます。

B1 A1 B2 D2 A2 C1 C2 D3 A3 D4 B3 A3.5 B4 C3 A4 C4

ちなみに、日本人の歯の色の明るさはA3~3.5が標準的です。

一般的に歯が白いと自分でわかるようになるのは、A1以上からです。

そして、他人からみて時々白いといわれるのは、B1以上からです。

さらに、周りのいろいろは人から「歯がとても白いね!」と褒められるような白さは、ブリーチシェードという白さの段階です。

このブリーチシェードは、基本のシェードガイドには載っておらず、ホワイトニング専用のシェードガイドに掲載されています。

普通の歯科医院には置いていませんが、ホワイトニングを行っている専門の歯科医院や、審美歯科などには置いています。

A3の色の方が人から褒められる白さになるには、まずA1やB1を目指してホワイトニングを行うことになります。

さらにもっと白くしたい方は、ブリーチシェードを目指してホワイトニングを続けられるとよいでしょう。

シェードガイドについては専門の歯科医師・歯科衛生士に相談を

ホワイトニングを行って歯を白くしたい方は、ホワイトニングの経験が豊富な専門の歯科医師や歯科衛生士に相談されることをおすすめします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。