ホワイトニング中にリステリンをすると着色するので注意



お口の洗口剤としてリステリンやモンダミンを使っている方も多いのではないでしょうか?

実は、これらの洗口剤には着色成分が入っているため、長期間使用していると歯が着色してしまう原因になります。

特にホワイトニング中の方は要注意です。

着色してしまう洗口剤に注意!

一般のスーパーやドラッグストアに売られている洗口剤には、リステリンやモンダミンなどがあります。
これらは「歯周病予防」「歯垢を除去」などと書かれてあり、口に含んでうがいをすると爽快感が得られるように仕上げられています。

実は、これで洗口を毎日行っていると、以下のようなデメリットが生じてきますのでご注意ください。

・強力な成分により口の中の味蕾細胞まで殺され、味を感じにくくなってしまう

・歯が緑色っぽく着色してしまう

歯周病を予防するためには、丁寧に隅々まで歯磨きすること、フロスまたは歯間ブラシを使うこと、歯石がついている場合は歯石を除去すること、そして糖分を控えた食生活をすること(甘いお菓子を徹底的にやめる)が大切です。

ホワイトニング中の方が安心して使える洗口剤

ホワイトニング中の方でも洗口剤を使いたいという方がいるかもしれません。

その場合は、アメリカ製のセラブレス セラブレスオーラルリンスがあります。

こちらはうがいすると洗口剤としても口臭予防としても利用できます。
もちろん、ホワイトニング中以外の方が使っても問題ありません。

もともと、定期的に歯科医院でクリーニングを行い、自宅でも丁寧に磨いていれば、歯周病予防できますのでそこまで洗口剤は必要ないものです。

それでも口臭が気になる方は、ほかの病気の可能性もありますし、歯周病が以外に進行している可能性もあります。
まずは歯科医院で調べてもらうことをおすすめいたします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

 

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのはいかがでしょうか?

 →ホワイトニング用歯磨き粉スーパースマイル