歯の神経の治療中にホワイトニングはできる?



ホワイトニングに興味があるけれども、虫歯などで神経の治療中の方も少なくないかと思います。

今回は、虫歯などで神経の治療中にホワイトニングができるのかどうかご説明します。

神経の治療とは?

神経の治療とは、虫歯などが進行して神経まで菌が侵されてしまった場合、
放っておくと痛んだり腐ってきたりします。

そのため、神経をとる治療を行なわなければなりません。

これは、簡単な虫歯で銀歯にする治療と違い、
何度も歯科医院に通院する必要があります。

神経の治療は以下のような流れで行ないます。

1)麻酔をする(すでに神経が死んでいる場合は、麻酔は必要ありません)

2)歯の上の部分を削って、神経を露出させる
(すでに虫歯で歯が崩壊している場合は、行なわない場合もあります。)

3)待ち針のような小さい器具を使って、神経をとります

4)神経が入っている管を掃除します。

5)神経が入っている管に薬をいれ、仮蓋をします。

この日はいったん終了で、後日来院して薬を交換していきます。

治療は神経が入っている管がきれいに消毒されるまで、何回も薬を交換する必要があります。

最終的に神経が入っている管がきれいに掃除できたら、
神経のかわりとなる樹枝状の硬化剤を詰めて、治療は終了です。

この神経の治療途中で歯科医院にいくのをやめてしまうと、
管の中で腐っていき、最終的には歯が腐って抜かなくならなくなります。

よく、痛みがもうなくなったから、忙しいので歯医者に通わなくなる方が多いのですが、
神経の治療を中断するのは危険ですので絶対にやめましょう。

万が一、歯医者とそりが合わない場合は、歯医者を変更してでも治療を続けましょう。

神経の治療中にホワイトニングはできる?

さて、神経の治療中にホワイトニングができるかどうかですが、
原則的にホワイトニングをすることはできません。

しかし、神経治療中の歯が親知らずや1つ手前の奥歯など、
ホワイトニングに全く関係しない歯の場合は、ホワイトニングを行なえることがあります。

いずれの場合も、歯科医師の判断によりますので、ご不安な方は一度歯科医院にお問い合わせ下さい。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。