エナメル質形成不全でもホワイトニングで歯を白くできる?



こんにちは、大阪のホワイトニングサロン 河野歯科医院です。

エナメル質形成不全症という症状をご存知でしょうか。
生まれつき、または育っている過程で栄養不足など何らかの原因で歯を構成するエナメル質がうまく作られないことによる病気です。

今回はエナメル質形成不全症でホワイトニングができるのかについてご説明します。

エナメル質形成不全症とは?

歯を構成しているのは、外側からエナメル質、象牙質、神経からなります。
最も外側にあるエナメル質は、ダイアモンドでないと削ることができないくらい、とても硬い物質です。

また、エナメル質には神経が通っていないので、エナメル質だけの虫歯では全く痛みを感じませんし、歯を削っても痛いことはありません。

エナメル質形成不全症とは、このエナメル質の形成過程がうまくいかないために、歯がもろくなったり、虫歯になりやすかったり、また歯の色が不自然な色(一部分だけ白くなっていたり、変色している)だったりします。

この原因は、母親のお腹にいるときや幼少期の栄養状態や薬の影響などが考えられています。

エナメル質形成不全症でホワイトニングは可能?

エナメル質形成不全症では、普通の生活ではあまり不便を感じないのですが、(虫歯には気をつける必要はあります)歯の色が変色していることを気にされる方が多いです。

このため、ホワイトニングで歯を白くしたいと来られる方が多いのですが、実はエナメル質形成不全症ではホワイトニングをすることができません。

なぜかというと、歯が脆いため、ホワイトニングの薬剤が神経に影響してしまう可能性があることと、ホワイトニングだけでは歯の色を白く美しくすることができないからです。

ゆえに、エナメル質形成不全症では、主にセラミック治療による変色改善が推奨されています。
エナメル質形成不全症は、非常に珍しい症状なので、歯科医師が頻繁に遭遇するケースではありません。

治療を行う場合には、審美歯科などに詳しい歯科医院で行われることをおすすめいたします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。