ホワイトニング後に食べていいもの



office_img5-01

ホワイトニング期間中、施術後は赤ワインやチョコレートなど、着色しやすい食べ物や飲み物を制限するようにいわれることが多いです。

当院で行なっているホワイトニング”White-Coolホワイトニング”は飲食制限が一切不要なのですが、従来のホワイトニングでは飲食制限があり、食べていいものが限られます。

今回は、ホワイトニング後でも食べていいもの、控えるべきものをご紹介します。

ホワイトニング後に食べないほうがいいもの

ホワイトニング後に食べていいもの
ホワイトニング中・後は以下のような食べ物を控える必要があります。

・赤ワイン、ほうじ茶、コーヒー、
・ケチャップ、ソース、お好み焼き
・チョコレート、カレー、タバコ
・濃い口醤油、トマトソース系のスパゲティ

ホワイトニング後に食べていいもの

色が濃くないもの、つまり白いものや透明なものは問題なく食べていいものです。
また、色がついているものでも薄いものや、少量なら食べていいものです。

・豆腐、白みその味噌汁、
・野菜全般の料理
・白ご飯、玄米ご飯
・コンソメ味のスープ
・カルボナーラ系や和風パスタ系のスパゲッティ
・タルタルソースをつけた揚げ物系

ホワイトニング後に飲食制限があると、食べていいものが少ないと嘆く方が結構いらっしゃいますが、実は探してみると食べていいものはかなりあります。

日本の伝統的な和食で薄味のものは、かなり食べていいものが多いです。
逆に、カレーやパスタ、ピザソースなど洋食が増えてくると、食べていいものが減ってきます。

つまり、健康的な食事をするとわりと食べていいものが多いという事です。

当院のホワイトニングは飲食制限が一切不要です

とはいっても、いちいち食べていいもの、悪いものを考えること自体がストレスになるという方も少なくないと思います。

当院で行なっているホワイトクールホワイトニングは、飲食制限が一切不要です。

また、他のホワイトニングに比べて知覚過敏の痛みが圧倒的に少なく、快適に受けられるのが特徴です。

ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいませ。

大阪のホワイトニングサロン 河野歯科医院はこちら


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。