ホワイトニングで歯が白くなる仕組みと効果


ホワイトニングで歯が白くなる仕組みは、とてもシンプルです。

歯のクリーニングや歯磨き粉では、歯の表面の汚れを落とすだけなのに対して、ホワイトニングは歯の構造の内部に漂白剤が浸透し、着色物を無色化して歯の明度をあげて白くします。

whitekuti

歯磨き粉やクリーニングで表面の汚れをとるだけでは、もともとの歯の黄ばみは白くなりませんし、数日で着色がついてしまいます。

しかし、ホワイトニングを行えば、歯の内部から白くなるので、黄ばみや黒ずんだ歯もしっかり白くなります。

また、ホワイトニング効果もシステムにより違いはありますが、半年〜数年間続きます。

これらのホワイトニング剤は、すべて医療用でしか使用することが認められていませんので、一般では手に入れることができません。

「簡単に歯が白くなる!」と謳って一般向けに売られている歯磨き粉やクリームは、歯の表面の汚れがとれるだけで、ちょっと白くなったかな?と思う程度だと思ったほうがよいです。

よって、しっかりと黄ばみを白くしたい方は、一般向けの商品に頼るよりは、
クリニックで行うオフィスホワイトニングや、ホームホワイトニング剤を使うほうがよいでしょう。

オフィスホワイトニングを行いたいけれどクリニックが遠すぎたり、行くのが面倒な方には、
自宅で簡単にできるホームホワイトニングやホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

こちらのアメリカ直輸入のホワイトニング歯磨き粉を使うと、
単独でも表面の着色汚れがとれ白くなります。
オフィスホワイトニングと併用するとさらにホワイトニング効果が長持ちすると大好評です。

日本のホワイトニング歯磨き粉は薬事法の関係で、濃度が低く抑えられ、あまり効果がありません。
その点、アメリカの製品は薬事法が関係ないので、漂白効果が高い歯磨き粉が販売されているのです。

→歯を白くする歯磨き粉とは?