テトラサイクリン歯の原因と治療方法



images

一般的に歯の着色というと、茶色いヤニがついていたり、黄ばみがあったりというものですが、時々グレーっぽい歯を持つ方がいらっしゃいます。

このような、濃いグレーの歯の着色のことを「テトラサイクリン歯」とよぶことがあります。

今回は、テトラサイクリン歯について、治療方法も含めてご説明します。

テトラサイクリン歯とは?

テトラサイクリン歯とは、母親が妊娠中〜8歳前後くらいの間に、何らかの病気の治療のためにテトラサイクリン系の抗生物質を服用していた副作用で、歯がグレーっぽい色に着色してしまうことをいいます。

大人の永久歯は母親の胎内にいるときからその形成は始まっています。そして、乳児期・幼児期をかけて永久歯の歯冠部分が形成されていき、小学生になって永久歯が生えだします。

ちょうどこの永久歯の形成時期にテトラサイクリン系抗生物質を服用していると、エナメル質の形成に影響を与えるため、副作用として歯がグレーに変色してしまうのです。

テトラサイクリン系の抗生物質は、昔はよく使用されていましたが、現在はテトラサイクリン歯の副作用を起こすことがわかっていますので、よほどのことがない限り妊娠〜幼児期に投与されません。

テトラサイクリン歯の治療方法

テトラサイクリン歯の変色は、軽度のものから重度のものまで変色の度合いが異なり、変色の段階によって治療方法が異なります。

歯の変色が軽度の場合は、ホワイトニングを行うことで治療でき、変色が改善できます。

しかし、歯の変色が重度の場合は、ホワイトニングだけでは改善できないことが多く、その場合はラミネートベニヤやセラミック歯などの審美治療を行うことがあります。

1)ホワイトニングで治療するケース

テトラサイクリン歯の変色が軽度の場合です。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせるデュアルホワイトニングを一定期間行います。通常の方よりも回数や期間を多くすることで、歯を白くしていくことが可能です。

2)ラミネートベニヤで治療するケース

歯の表面を一層削り、シェル状のセラミックを貼付ける治療です。歯を削る量が非常に少ないため、虫歯になっていない健康な歯の場合でも比較的侵襲が少なくてすみます。麻酔をすることなく治療が可能です。
ただし、シェル状のためまれに使っているうちに欠けるリスクがあります。

3)セラミッククラウンで治療するケース

歯の周りをぐるっと一周削り、セラミッククラウンをかぶせる治療です。セラミッククラウンにはオールセラミックやジルコニアセラミックが使われます。見た目も強度も高く、審美的に美しいものができあがります。欠けるリスクはラミネートベニヤよりも非常に低くなります。

テトラサイクリン歯の治療は、変色の段階により治療方法が全く異なってきますので、ホワイトニングや審美歯科治療に詳しい歯科医院でご相談されることをおすすめします。

大阪ではホワイトニングとジルコニアなどセラミック治療を多く手がけている河野歯科医院が承っております。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。