歯磨き粉を使わないで歯磨きするメリットデメリット



時々、歯磨き粉を使ったほうがいいですか、それとも歯磨き粉を使わずに歯磨きしたほうがいいですかと質問を受けることがあります。

歯磨き粉にはフッ素を始め、歯磨きに適した様々な成分が含まれていますが、
一方、口腔内粘膜への影響(味蕾を刺激するなど)もいわれています。

今回は歯磨き粉を使わないで歯磨きするメリット・デメリットをご紹介します。

歯磨き粉を使わないで歯磨きするメリット

歯磨き粉には様々な成分が含まれています。

例えば発泡剤として使われているラウリル硫酸ナトリウム、適度な湿り気を与えるグリセリン、歯の表面の汚れを落としやすくする無水ケイ酸・炭酸カルシウム、爽快な使用感を与えるメントール、薬用成分として配合されているフッ化ナトリウムなどです。

これらは歯磨き粉メーカーが配合成分を研究して体に害がないように配合量を調節していますので、通常使用している分には問題はありません。

とはいっても、そのほとんどが人工的・工業的に作られた成分の為、敏感な方の場合は舌の味蕾細胞の感覚が若干おかしくなったり、研磨剤によって歯の表面に傷がついたりといったデメリットがでてきます。

41vIt0-eZRL._SL250_

また、市販の歯磨き粉には発泡剤が多く含まれているので、すぐに口の中が泡だらけになってしまい、長時間磨けないのも欠点です。

こうした歯磨き粉の欠点をふまえて、あえて歯磨き粉なしに歯磨きすることをすすめる歯科医もいます。

なぜならば、基本的に歯周病の原因菌を除去するためにはブラッシング(歯磨き)が基本であり、歯磨きに頼るものではないからです。さらに、歯磨き粉がないことで、長時間歯磨きをすることもでき、正しい歯磨きができるというメリットがあります。

歯磨き粉を使わないで歯磨きするデメリット

一方、歯磨き粉を使わないでいると、デメリットもでてきます。

1つが歯磨き粉の中には虫歯予防に効果があるフッ化ナトリウムがあるのですが、それを使わないのでもしかすると若干虫歯になりやすくなるかもしれないことです。

普通に磨いており、間食も少ない方であれば問題ありませんが、永久歯が生えたての小学生などは虫歯になりやすいので、やはりフッ素化合物入りの歯磨き粉を使用したほうがよいでしょう。

もう1つのデメリットは、歯が着色しやすくなることです。

歯磨き粉の中には研磨剤や歯の汚れを落とす成分が含まれているため、歯の表面に着色やステインがつくのを予防してくれています。しかし、歯磨き粉を使わずにいることで、歯の表面が着色してきたり、黄ばみがでてきたりするのです。

こうしたデメリットがあるということを踏まえた上で、歯磨き粉を使うか使わないか決められるとよいでしょう。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。