糖質制限食をすると虫歯予防に効果があるのか?



最近、糖質制限食がブームになっていますね。

ダイエット目的で糖質制限食を行なう人も多いようですが、糖質制限自体が虫歯予防に効果があるのでは?という話がチラホラ聞かれます。

今回は、糖質制限食が虫歯予防に効果があるのか、ご説明します。

糖質制限食とは?

糖質制限食とは、血糖値を上げる作用のある糖質を含む食品を食べることを制限することです。

その結果、血糖値の急上昇が抑えられ、インスリンの過剰分泌が抑えられて、血糖値の乱高下を予防し、糖尿病予防になると考えられています。

また、結果的には痩せる効果があるといわれているため、ダイエット目的に糖質制限食を行なう方も増えています。

糖質=炭水化物を思われている方もいるかもしれませんが、正しくは炭水化物=糖質+食物繊維です。

ご飯は炭水化物の1つですが、食物繊維も含まれており、丸々糖質というわけではありません。
(他のビタミンなども含まれます。)

糖質制限食を行なうと虫歯予防効果がある?

さて、糖質制限食を行なうと虫歯予防効果があるのかについてですが、虫歯予防効果があります。

虫歯の原因は砂糖を始めとした糖類であるため、糖質を制限することでそのまま虫歯予防効果になるのです。

ただし、注意していただきたいのは、糖質制限のときにご飯をすぐに食べないようにする人がいますが、これは危険です。

ご飯よりもむしろ精製糖が虫歯になりやすく、かつ体にも害のあるものです。

制限すべきは、ご飯ではなくコンビニなどのジュースやお菓子、パン(パンにも大量の砂糖が含まれています)です。

ソーセージなどの一見タンパク質メインと思われる食べ物にも、加工の際に砂糖が使われているので注意してください。
(ソーセージを食べると甘いですよね。)

パンは毎朝食べる方が多いかと思いますが、最近のパンは特に砂糖が多く使われています。
また、パンを朝食にすることで、他の献立が油が多く、野菜が少ない料理になりがちですので、注意してください。

糖質制限や虫歯予防には、ご飯をやめるよりも精製糖の制限を!

最近は太るからご飯を食べないしようといって、ご飯や味噌汁を食べる人がとても減っています。

そして、糖質制限ブームもあいまって、さらにご飯を敵のように見なす人たちがいます。しかし、近年ご飯の消費量はずっと減り続けており、逆に精製糖の消費が増え続けています。

制限すべきはご飯ではなく、精製糖なのです。

コンビニの棚にジュースがズラっと並び、スーパーには大量の加工食品や砂糖が入ったタレ、ドレッシングなどが販売されていることからも、見えない砂糖の消費が増えていることは明らかです。

糖質制限をしようと思う方は、ご飯を減らすのではなく、まずは精製糖を減らすことをおすすめします。
それだけで、すぐに結果が現れることでしょう。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。