リステリントータルケアは着色する副作用がある?



Unknown-1

リステリンなどのマウスウォッシュを歯磨きの際に使用されている方が少なからずいらっしゃるかと思います。

場合によっては、「歯医者からリステリンの使用を勧められた」とか、「歯周病予防になると思って、リステリンを使っている」とリステリンを使って歯磨きをしている方もチラホラおられるようです。

また、リステリンを使っていると、以前より歯が着色するようになって困っているという方もおられます。

今回は、リステリンの効果的な使い方と、本当に着色するのかどうかについてご説明します。

リステリンの効果的な使い方

リステリンは、クロルヘキシジンという殺菌効果がある成分が含まれており、これにより歯周病菌などの細菌に効果があるといわれています。

また、口の中がサッパリするように成分を配合しているので、口臭カットも売りにしています。

ただし、注意していただきたいのは、リステリンを使って歯磨きをしているからといって、リステリン単体の効果で歯周病が劇的によくなったり歯周病予防になることはありません。

むしろ、リステリンは強力な成分が入っているので、口の中の味蕾細胞がやられて味覚が一時的に変になったり、歯に着色しやすくなるという副作用(副作用というほどでもないのですが)があります。

ですので、リステリンの効果的な使い方としては、「口臭を一時的にカットしたいとき」や、「口の中がネバネバしてうっとおしいとき」にブクブクうがいとして使うのがおすすめです。

普段毎日、歯磨きの代わりに使うのはあまりおすすめできません。

リステリンを使っていると歯が着色する?

リステリントータルケアなどを使っていると、リステリンの色が濃いので歯が着色してきたという方が結構おられます。これは、以下のような理由が考えられます。

・以前は研磨剤入りの歯磨き粉を使っていたので、歯磨きでステインを除去・着色予防することができていたが、リステリンには研磨剤が入っていないので着色してしまうようになる。

・リステリン本体の色が歯に着色する

研磨剤が多く入っている歯磨き粉は歯を削りすぎてしまうのであまりおすすめできませんが、最小限に量が抑えられた歯磨き粉を使ったり、研磨剤は入っていないけれども着色成分を分解するホワイトニング用の歯磨き粉を使用したほうが、ステインや着色がつくのを抑えられます。

以上、リステリンの使い方について参考になさってください。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。