ホワイトニングの料金が安い?金額相場はどうやって決まる?



歯科医院でホワイトニングというと、「高いんじゃないの?」と思っておられる方が少なくないかもしれません。

ホワイトニングが世に出だした10年以上前は、1回の金額が10万くらいするものもあったのですが、現在ではその金額相場がどんどん安くなっているのをご存知ですか?

今回は、ホワイトニングの金額相場についてご紹介します。

ホームホワイトニングの金額はどうやって決まる?

ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

最初に登場したのは自宅でできるホームホワイトニングで、その金額は上下1セットで5〜6万程度が相場でした。

しかし、現在ではジェルの本数にもよりますが、2〜4万前後でホームホワイトニングができるようになってきており、金額相場が安くなっています。

これは、ホームホワイトニングのジェルを歯科医院が購入する本数が多ければ多い程、コストが安くつくので安くなっていくのです。

また、ジェル自体が海外からの輸入品であることがほとんどなので、円高の影響も受けます。10年前に比べれば、全国的に購入する歯科医院が増えたので、輸入する際の卸金額も安くなっているのが特徴です。

オフィスホワイトニングの金額はどうやって決まる?

オフィスホワイトニングの金額は、ホームホワイトニングほど単純ではありません。

オフィスホワイトニングの場合は、歯科医院で行なうため、説明や準備の時間も含めてユニットを1時間半〜2時間程度は最低でも使用します。このため、通常の治療を行なうよりもユニットを占有する時間が長くなります。

ということは、通常の治療で得られる治療費よりも、オフィスホワイトニングの料金が高くないと、歯科医院の経営にとって不利益になるということです。

このため、オフィスホワイトニングの金額は歯科医院のユニット数や人件費、家賃、回転数(施術数)など様々な要因が影響しているため、一概にどれが安い、高いといえないのが特徴です。

とはいえ、オフィスホワイトニングのシステム自体の導入コストが安いものは、比較的メニュー料金も安くなる傾向にはあります。

ホワイトニングの料金は以前よりグンと安くなっています

歯科医院で行なうホワイトニングの料金は、以前に比べてここ数年でグンと安くなっています。

1回数千円〜1万円程度でオフィスホワイトニングを行なえるシステムもでてきましたし(当院で行なっているホワイトクールホワイトニングがそうです)、ホームホワイトニングも2万円台で上下セットができる所もチラホラあります。

逆に今まで安いといわれてきたエステ店でのホワイトニング(ポリリン酸など効果が低いホワイトニング)よりもかえって歯科医院で行なった方が効果が高く、トータルでコストが安くつくと評判です。

ホワイトニングの料金について参考になれば幸いです。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。