なた豆歯磨きで口臭に本当に効果があるのか?



最近、なた豆歯磨きをすると口臭対策によいといって、高額な歯磨きが多く売られています。

多くは口臭に悩んでいる方の弱みにつけこみ、「なた豆が効きますよ」といって売りつけているものです。

今回は、なた豆歯磨きが本当に口臭に効果があるのかについてご説明します。

口臭の原因とは?

人は、誰しも口臭があります。朝起きると口の中が乾燥しているため、だれでも少なからず口臭がします。これを生理的口臭といいます。

しかし、昼間でも1m以上離れていて口臭がするような場合は、何らかの原因で口臭がしているといってよいでしょう。

口臭の原因の8割以上は歯周病です。

歯周病とは、歯や歯茎との境目にたまっている歯垢の中にいる細菌が毒素をだし、歯茎を腫らせたり歯を支えている骨を溶かしていく病気です。最近では、歯周病菌が血流を通って全身を周り、様々な臓器に悪影響を及ぼし病気を引き起こすことがわかってきています。

例えば、糖尿病や心疾患などです。

このため、「全身の健康はお口の健康から」ということで、歯周病のケアがとても重視されています。

歯周病の症状は無自覚であることも多く、あまり目立ちません。
歯ブラシに若干血がつく程度なので、重症にならないと気がつかないのが厄介なのです。

ここでわかりやすい歯周病の症状の1つが口臭です。

歯周病がすすむと口臭が強くなるので、口臭がある方は歯周病にかかっている可能性をまず考えるほうがよいでしょう。

なた豆歯磨きで口臭は治るのか?

さて、なた豆歯磨きで口臭が治るのかという点ですが、口臭のほとんどの原因が歯周病ですから、歯周病の原因である細菌を除去することが口臭を改善する方法となります。

ここで、なた豆歯磨きが歯周病を改善するか、という点ですが、なた豆の成分自体が歯周病を改善するわけではありません。

なた豆には独自成分であるコンカナバリンA、カナバニンなどが含まれ、これらが抗炎症効果があるとアピールされています。
しかし、歯周病の根本解決にはなりません。

歯周病の根本解決になるのは、歯周病菌を減らすこと。つまり、ブラッシングや歯石とりなどで歯周病菌の数を徹底的に減らすことと、歯周病菌が繁殖しにくい口の環境づくりをすることです。

例えば、不適合なかぶせの歯を治したり、歯周病菌が好む甘いものを控える、など食生活に気をつけるということです。

これらの根本的な対処法を行なうことなく、単になた豆歯磨きに頼っているだけでは、臭いものにフタをしているような状態なので、ほとんど意味がありません。

メディアの情報にまどわされないように、しっかりと真実をみつめていきましょう。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。