歯の黄ばみは生まれつき?着色との違いは?



images

歯の黄ばみや着色を気にしている方が最近とても多く見られるようになってきました。

日本でもホワイトニングが定着してきたため、芸能人やモデルのように歯を白くしたいと男性の方でもホワイトニングを希望される方が多くなっています。

今回は、歯の黄ばみは生まれつきなのか?着色との違いについてご説明します。

歯の黄ばみは生まれつきなのか?

時々、「私は歯が生まれつき黄ばんでいるから、コンプレックスです」といわれてホワイトニングをしに来られる方がいらっしゃいます。

しかし、大なり小なり差はあれど、日本人の多くが生まれつき歯に黄ばみを持っています。これは黄色人種の特徴かもしれません。

歯の黄ばみの原因は、歯の構造にあります。

歯は外側からエナメル質、象牙質、神経という組織で構成されているのですが、最も外側のエナメル質はほとんど無色透明の色をしています。一方、エナメル質の内部にある象牙質は、やや黄ばみのある色をしています。

ですから、歯が黄ばみがあるようにみえるのは、この象牙質の色が透けてみえているからなのです。

日本人は、特にエナメル質が外国人に比べてそれほど分厚くありません。よって、エナメル質の層が薄い分、余計に象牙質の色がすけて歯の黄ばみが強くなっているというわけです。生まれつき歯が黄ばんでいるのは仕方が無いことなのです。

生まれつきの歯の黄ばみと歯の着色は違います

歯の黄ばみと着色を混同されている方が時々いらっしゃいますが、黄ばみと着色は厳密にいうと違います。

象牙質の色が透けて、歯が黄ばんでいる状態はホワイトニングを行なわないと白くなりませんが、歯の表面にある着色は、歯のクリーニングをすることで除去できる場合があるのです。

例えば、タバコのヤニや、茶渋のような着色はポリッシングといって歯をツルツルに磨くジェルと機械を使ったクリーニングを行なうことで、着色汚れを除去することができます。

しかし、頻繁にコーヒーやカレーなどを摂取して徐々に歯にしみこんだような着色汚れは、クリーニングで着色をとることはできません。この場合は、ホワイトニングを行なう必要があります。

以上、歯の黄ばみと着色についてご紹介しました。参考になれば幸いです。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。