マウスピース矯正中のホワイトニングは可能?



矯正治療の中で、最近マウスピース矯正という方法がでてきています。

これは、従来のワイヤーとブラケットを歯の表面につけて矯正している装置とは違い、透明なマウスピースを何種類も作り、日中にマウスピースをずっと装着しておくことで歯を動かしていく矯正治療です。

今回は、マウスピース矯正中にホワイトニングが可能なのかについてご説明します。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正は、ブラケットやワイヤーを一切使用せず、取り外しのできるマウスピースを1日中(夜間も)装着しておくだけで歯が矯正できる画期的な方法です。

マウスピースを外すと矯正していることが一切わからないので、芸能人や接客業など、矯正装置をつけることができない方に喜ばれている治療法です。

*ただし、マウスピース矯正の適応には限界があり、簡単な叢生症例しか適応できません。骨格性のズレによる難しい症例には、従来のワイヤー矯正などを適応することになります。

マウスピース矯正中にホワイトニングは可能?

マウスピース矯正中に、歯がきれいに並んでいくのにあわせて、歯を白くしたいと思われる方は多いようです。

実際、マウスピース矯正中にホワイトニングを行なうことは可能です。

ホワイトニングの方法としては、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあるのですが、オフィスホワイトニングであれば全く問題なく可能です。

ホームホワイトニングの場合は、歯科医師の許可がいりますが、矯正用のマウスピースの中にホームホワイトニング用のジェルをいれて日中装着しておくという方法があります。

*ポイントは、ホワイトニング用のマウスピースを新たに作成するのではなく、矯正用のマウスピースに直接ホワイトニングジェルをいれて使用する、という点です。固めのマウスピースであれば可能です。

ただし、日中ずっとジェルを装着しておくことになるので、ホワイトニングの濃度が一番弱い10%程度の過酸化尿素が入ったナイトタイプホワイトニングしかむきません。(過酸化水素が入った日中行なうデイホワイトタイプは、日中ずっと行なうには濃度が高すぎます)

歯科医院によっては、断られる場合もあります

このマウスピース矯正中のホームホワイトニング方法は、矯正歯科医やホワイトニングを行なう歯科医の間でもある意味裏技的に行なわれている方法です。(古くからホワイトニングを指導している大家のドクターの間では、当然のように行なわれています)

このため、「マウスピース矯正中でもホームホワイトニングができる」ということを知らない歯科医も大勢います。歯科医は「新しくホワイトニング用のマウスピースを作らなくてはならないため、矯正中に歯が動くのでできない」と判断するからです。しかし、本当は矯正用のマウスピースに直接ホームジェルをいれることで、ホームホワイトニングができるのです。

ですから、担当の歯科医に聞いても断られるかもしれません。その場合は、オフィスホワイトニングを選択されるとよいでしょう。

以上、マウスピース矯正中のホワイトニングについてご説明しました。ご参考になれば幸いです。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。