前歯の詰め物を白くしたい場合の治療料金



前歯に白いプラスチックの詰め物をしている方は多いのではないでしょうか?

前歯の詰め物は「コンポジットレジン」と呼ばれるプラスチックが使われていますが、ほとんどの場合保険治療で行なわれています。しかし、長年使用すると着色して黄ばみがでてくるのが問題です。

今回は、前歯の詰め物を白くしたい場合の治療料金についてご説明します。

前歯の詰め物を白くしたい場合の治療法と料金

前歯の詰め物を白くするには、いくつかの方法があります。

まず、最も簡単で歯を削る量が少ないのが、「同じコンポジットレジンを詰め替える」方法です。

1)コンポジットレジンの詰め物をやりかえる場合の料金

この場合、虫歯があれば保険適応となりますが、虫歯がなく単に審美的なことが問題でやりかえる場合は、保険適応になりません。

このため、自費治療となり、料金は歯科医院によって異なってきます。料金の相場は1本2〜3万円程度です。

2)セラミッククラウンをかぶせる治療で白くする

他にも大きな虫歯が合ったり、歯の神経をとっているような場合は、詰め物のやりかえではなくて、セラミッククラウンをかぶせる治療が選ばれることがあります。

これは歯の全体をセラミックの差し歯で被うため、見た目がそろい、とても白く美しい歯をいれることができます。しかし、デメリットとしては歯の削る量が多くなる点です。ですから、虫歯がなかったり、少なかったりする場合にはおすすめしません。

セラミッククラウンの料金はすべて自費治療になり、歯科医院により異なります。料金の相場は1本8万〜15万程度です。

3)ラミネートベニヤで歯を白くする

歯の神経が生きているが、詰め物の量が多かったり、他の天然歯の黄ばみも強く、形も整えたい場合はラミネートベニヤというシェル型のセラミックを貼付ける治療が選ばれることがあります。

ラミネートベニヤのメリットは歯を削るけれども、削る量が圧倒的に少なくてすむことです。表層の1層のみ削るだけなので、痛みやしみもなく、麻酔もまず必要ありません。デメリットとすれば、薄いシェル状なので将来割れる可能性があることと、大きく形を変えることはできない点です。

審美的にはセラミッククラウンにはかないませんが、歯をできるだけ削りたくない方に向いている治療法です。ラミネートベニヤの治療料金は、自費治療になるため歯科医院により異なります。料金の相場や1本7万〜10万程度です。

おすすめは、ホワイトニングを行なってから詰め物をやりかえる方法

最も歯への侵襲が少なく安全なのは、詰め物をやりかえる方法です。しかし、他の歯が黄ばんでいるままではやりかえてもあまり意味がありません。

おすすめは、まずホワイトニングを全体的に行なって天然の歯も白くしてから、歯の詰め物をやりかえる方法です。この場合は、詰め物の色をホワイトニング後の白さに合わせるため、「ブリーチシェード」と呼ばれる白さのコンポジットレジンを用います。

このブリーチシェードの白さのコンポジットレジンは珍しいため、通常の歯科医院で取り扱いがない場合があります。ですから、審美歯科やホワイトニングを積極的に行い慣れている歯科医院でこの治療を行なうことをおすすめします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。