TIONホワイトニング価格と口コミ、注意事項



スクリーンショット 2014-09-12 22.38.05

TIONホワイトニングは日本のGC社が開発した国産のホワイトニングシステムです。

TIONにはオフィスとホームホワイトニングがあり、どちらかというとTIONホームホワイトニングのほうが有名です。

当院でも以前TIONオフィスとTIONホームホワイトニングを行なっていた事があります。

今回はTIONホワイトニングの価格や口コミ、注意事項についてご説明します。

TIONホワイトニングの価格相場

TIONホワイトニングの価格は最近のホワイトニングの価格と比べると、若干高めです。

TIONオフィスの価格は1回あたり3万円〜、TIONホームの価格は上下1キット2週間分で2〜3万円程度が価格相場のようです。

他の本格的なオフィスホワイトニングが1回1万円程度から行なえるものがでてきているので、それに比べるとどうしても価格が高く感じてしまいますね。

この原因は、TIONの流通システムにあります。TIONのジェルが特別に効果が高いというわけではなく、TIONを製作しているGC社が決まった価格で歯科ディーラーに卸し、そこでしか購入できないように規制をかけているためです。

他のオフィスホワイトニングはアメリカ製のものが多いので、歯科医院は直接アメリカから直輸入することができ、仕入れのコストを下げられます。

こういった違いから、TIONの価格が高くなっているのです。

TIONホワイトニングの口コミ

TIONホワイトニングの口コミの特徴としては、「続けて使用していると、下の歯がしみるようになった」「ホームホワイトニングだけだと白くなったように感じない」という口コミがよく聞かれました。

当院でもTIONを行なっていましたが、TIONオフィスとTIONホームを組み合わせた場合はよく白くなるのですが、TIONホーム単体の場合は白くなるのが難しい人が時々おられました。

この原因としては、TIONホームホワイトニングは低濃度で知覚過敏になりにくいとされていたものの、継続していると知覚過敏が発生し、中断してしまう点が問題で、注意しなければなりません。

こういった経験から、当院では現在はもっと安く、効果があり、かつ知覚過敏が圧倒的にでにくい最新のWhite-Coolホワイトニングへ切り替えています。ホームホワイトニングはオパールエッセンスを使用していますが、当院では知覚過敏予防に特別のケアシステムを導入しているため、他院でオパールエッセンスを使用するよりも知覚過敏がでにくいと口コミで評判です。

TIONホワイトニングの注意事項

TIONホワイトニングの注意事項としては、やはり知覚過敏の有無です。

メーカーのサイトには知覚過敏になりにくいと書かれているのですが、長年ホワイトニングに携わってきた経験から踏まえると、他のシステムに比べて知覚過敏がでにくいという印象はありませんでした。むしろ、若い女性やエナメル質がうすい方はTIONホームホワイトニングで知覚過敏がでやすい傾向が感じられたので、注意が必要だと思います。

また、もしすでにTIONホームを実施している方がおられる場合、もっと白くしたいからといって自己判断で勝手に装着時間を長くしたり、ジェルの量を増やしたりすることはNGなので注意してください。

装着時間は2時間までが限度ですし、4時間以上たつとジェルの成分が完全に分解して効果がなくなるので意味がありません。ジェルの量も増やしても、ジェルは歯の表面に触れている部分しか効果がありませんし、マウスピースからジェルが漏れだして歯茎を痛めてしまいます。

以上、TIONホワイトニングの価格と口コミや注意事項についてご説明しました。参考になれば幸いです。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。