オパールエッセンス10%の効果と使用時間・使い方




オパールエッセンス ホワイトニングジェル 8本入り ミント 10%

オパールエッセンスをホームホワイトニングで購入される方は多いかと思います。

中には、通販で格安にオパールエッセンスを購入される方もいるようです。

今回は、オパールエッセンス10%の効果と使用時間、使い方について歯科医師が解説します。

オパールエッセンス10%の効果

現在、日本でホームホワイトニング用の漂白剤として認可されているのは、10%のみです。

海外ではオパールエッセンス35%のものまで販売されていますが、日本では10%以上のものは販売されていません。そのため、10%以上のものを購入したい場合は、自分で輸入するか、直輸入している歯科医院から購入することになります。

オパールエッセンスの中に含まれている漂白剤は、過酸化尿素ですので、10%となると比較的濃度は低めになります。そのため、ホワイトニングとしての漂白効果は低めです。

ただし、オパールエッセンスの成分自体が効果が高いといわれているので、他のポリリン酸ホワイトニング、ワンコインホワイトニング、セルフホワイトニングと比較すると、それらよりは漂白効果は高いといえます。

一般的に漂白効果が高いほど、それに比例して知覚過敏のリスクも高まります。ですから、ホワイトニングが初めての方は10%から始められたほうが無難です。

10%といえども、エステやセルフホワイトニングよりもきちんと白くなりますので安心してください。

オパールエッセンス10%の使用時間

オパールエッセンス10%の使用時間をご説明します。

まず使用時間ですが、最低30分以上は装着されることをおすすめします。知覚過敏の問題などがなければ、1回2時間程度装着してOKです。

知覚過敏の出る様子がない方は、それから少しずつ装着時間を増やしていきましょう。

早く白くしたいからといって、いきなり何時間も装着することをすると、知覚過敏がでる恐れがあるので注意してください。

オパールエッセンス10%の使い方

オパールエッセンス10%の使い方は以下の通りです。

1)歯をきれいに磨いておく

2)マウスピースに米粒大ずつオパールエッセンス10%のジェルをいれる(前歯のみでOK)

3)口の中に装着する。

装着中は、飲食、喫煙厳禁です。

4)ホワイトニングが終了したら、マウスピースをはずし、口をゆすいで歯磨きをしてください。

5)マウスピースをよく水洗いし、カビないように乾燥させておきます。(お湯の使用はNGです)

オパールエッセンス10%は冷暗所に保管してください。冷蔵庫がベストです。

以上が基本的な使い方です。

他に使い方で疑問があれば、購入した歯科医院に問い合わせるのがベストです。

また、万が一知覚過敏がでてきたり、ズキズキとした痛みがある場合は、すぐに使用を中止し、歯科医師または歯科衛生士に問い合わせてください。自己判断による使用は大変危険です。


オパールエッセンス ホワイトニングジェル 8本入り ミント 10%


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。