ホワイトニング自作マウスピースの作り方は難しい



Unknown

ホームホワイトニングを安く行なうために、マウスピースを自作して手作りしようと考える方が時々いらっしゃるようです。

自作で作ったマウスピースは歯科医院でのマウスピースと作り方が根本的に違うので、
フィット感が大きく異なり、違和感の強いものになります。

それでも、どうしても自作でマウスピースが欲しい!作り方を知りたい!という方のために、今回は自作できるマウスピースをご紹介します。

ホームホワイトニング用マウスピースの作り方

アメリカ製のマウスピース自作キットがAmazonなどで売られていますので、それを購入します。

→ホワイトニング マウスピース 上下セット(Amazon)

1)80℃のお湯を準備します。

2)マウスピースをお湯の中にいれ、柔らかくします。

3)ぐにゃりとなったところで、口の中にいれ歯にマウスピースを装着します。
 (ヤケドに注意してください)

4)密着させるために、できるだけ息を吸うようにします。

5)口からマウスピースをはずし、冷やして完成です。
必要があれば、後ろの所などをハサミで切って形を整えてください。

このように、読むと簡単に見えますが、実は実際にマウスピースを作るのは至難の技です。

Amazonのレビューを呼んで頂くとわかると思いますが、「歯茎がヤケドする」「歯にぴったりと密着させることができない」「ガタガタのマウスピースになる」など、自作マウスピースを作るのは非常に難しいことがわかると思います。

自作マウスピースは違和感が強いです

自作マウスピースの作り方は、歯科医院での作り方と全く異なります。

そのため、精密ではなく「大雑把な歯の形」が再現されますので、ホワイトニングジェルも流出しやすくなり、あまりホワイトニングには向きません。

また、上下いっぺんにマウスピースをいれると、自作マウスピースは厚さがあるので違和感が強くおえっとなります。こういった理由から、いったん購入したものの、結局歯科医院でマウスピースを作成してもらう方が多いようです。

歯科医院でホワイトニング用のマウスピースだけを作成してもらうことはできません。

ホームホワイトニングを申し込んだ方だけがマウスピースを作成してもらえますのでご注意下さい。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。