ホームホワイトニングジェルの濃度の違いとは?



Unknown

ホームホワイトニングは現在多くの種類が発売されていますが、そのほとんどが海外アメリカ製のものが使用されています。

その理由は、国内で販売されているものはジェルの濃度が10%と低いものしか認可されておらず、ホワイトニング効果が低いからです。

よって、ホワイトニングを実施している歯科医院の多くが、アメリカ製のホームホワイトニングジェルを直接輸入しています。アメリカ製のジェルの濃度は10%〜35%程度まで種類が豊富です。

今回は、ホームホワイトニングジェルの濃度の違いについてご説明します。

ホームホワイトニングジェルの濃度の違い

ホームホワイトニングジェルには大きく分けて過酸化水素タイプと過酸化尿素タイプに分けられます。

オパールエッセンスに代表されるホームホワイトニング剤の多くが過酸化水素タイプです。

過酸化水素タイプは効果が高い反面、長時間ジェルを装着すると知覚過敏がでてくるリスクがあるので、1回2時間程度までと装着時間に制限があります。

一方、過酸化尿素タイプは効果が弱いので、就寝中に装着する夜間タイプがほとんどです。代表的なものはナイトホワイトエクセルが有名です。

以前は夜間に装着する過酸化尿素タイプが主流でしたが、最近は歯を白くする効果が高い過酸化水素タイプがよく選ばれています。

このホワイトニングジェルの濃度は、濃度が高くなればなるほど効果が高まります。

しかし、知覚過敏になるリスクも一緒に高まりますので、最初に始める場合は10%→15%と濃度を高めていくのが普通です。

ホワイトニングに慣れている歯科医院でみてもらうのがベスト

歯の質や白くなりやすさは個々の歯によって異なります。ですから、口コミで「これが良かった」という口コミがあっても、自分にとって合うかどうかはわかりません。

最もおすすめなのは、ホワイトニングの経験が豊富な歯科医院にいき、自分にあったホワイトニング方法を相談することです。ホームホワイトニングを行なう場合でも、自分の歯の質にあったジェルの濃度をすすめてもらうことができます。

歯科医院のホームページをみると、ホワイトニングメニューを掲げている歯医者が多いですが、実際はホワイトニング施術を頻繁に行なっている歯科医院はそれほど多くありません。

ホワイトニングを行なうなら、毎日10名以上、月間200症例以上の経験はあるような、ホワイトニング経験豊富な歯科医院を選ばれることをおすすめします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。