歯が白くなる効果が高いホワイトニングの種類とは?



images

現在、様々な種類のホワイトニングが行なわれています。

歯を白くしたい方にとって、どのホワイトニングを選べば効果的に歯が白くなるのかわかりにくいですよね。

今回は、歯が白くなる効果が高いホワイトニングと、そうでない、白くなりにくい効果の低いホワイトニングの種類をご紹介します。

ホワイトニング選びの参考にしてくださいね。

歯が白くなる効果が高いホワイトニングとは?

歯が白くなる効果が高いホワイトニングは、成分に「過酸化水素」が用いられているホワイトニングです。

過酸化水素は長年消毒薬としても用いられており、世界中で研究が行なわれ、そのホワイトニング効果と安全性が確立されています。

全てのホワイトニングは、この過酸化水素によるホワイトニングから始まり、過酸化水素に終わるといわれているくらい、白くなる効果があるものです。

実際、様々なメーカーが違う成分によるホワイトニング材を開発してきたのですが、過酸化水素以上に白くなるホワイトニング材は見つからず、結局過酸化水素が一番ベストとされています。

過酸化水素が用いられているホワイトニングシステムは、以下のものがあります。

【代表的なオフィスホワイトニング(歯科医院で行なうもの)】

ブライトホワイト(老舗で効果はあるが、知覚過敏が強い)
・ルマクール
・ビヨンド
・TION
・ZOOM
ホワイトクール(知覚過敏が最も出にくい最新ホワイトニング)
など

【代表的なホームホワイトニング(自宅で行なうもの)】

オパールエッセンス
・Day White
など

歯が白くなる効果が低いホワイトニング

一方、歯が白くなる効果が低いものもあります。それは、ポリリン酸や酸化チタンや重曹など、医薬品ではなく医薬部外品が使用されているホワイトニングです。

医薬部外品のため、歯科医院ではなくエステ店などで用いられているのが特徴です。しかし、歯が白くなる効果が非常に低いため(ホワイトニングというより、歯のくすみをとる程度)何回も行なわなければならず、トータルのコストでみると結局高くついたり、全く望む白さにならなかったりしますので注意が必要です。

ポリリン酸
・メタリン酸
重曹
・酸化チタン


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。