ホームホワイトニングのジェル効果と装着期間について



笑顔の女性

ホームホワイトニングでは、歯科医院で作成したオーダーメイドのマウスピースの中にホワイトニングジェルをいれ、一定期間装着します。

このホームホワイトニング用ジェルと装着期間により、ホームホワイトニングの効果が異なってくるのです。

今回は、ホームホワイトニングのジェルと装着期間による効果の違いについてご説明しましょう。

ホームホワイトニング剤のジェルの違い

ホームホワイトニングは現在、多くの種類が発売されていますが、大きく分けて2種類の成分に分かれます。

1つは、過酸化水素が配合されているタイプ。もう1つは過酸化尿素が配合されているタイプです。

過酸化水素が配合されているタイプは、反応が強く、効果が早く現れる傾向があります。ただし、長く装着しすぎると、知覚過敏が起きてきますので、昼間起きているときに2時間程度までしか装着できません。

以下のようなホームホワイトニング商品がそうです。

【過酸化水素が配合されているホームホワイトニング剤のジェル】

オパールエッセンス
TION
DayWhite
・Go Smileなど

一方、過酸化尿素が配合されているタイプのホームホワイトニングジェルは、穏やかに白くなっていく効果があるのが特徴です。過酸化水素タイプに比べると、効果があらわれるのに時間がかかるので、夜間就寝中に装着します。

【過酸化尿素が配合されているホームホワイトニング剤のジェル】

・Nite White ACP
など

ホームホワイトニング剤の装着期間は?

ホームホワイトニングの装着期間は、歯科医院によって異なりますが、一般的に2週間〜1ヶ月程度続けるように指示されているところがほとんどです。

これは、毎日続けてジェルをいれたマウスピースを装着した場合の期間であって、2日おきとか3日おきに装着していた場合は、もっと装着期間は長くなります。

ホームホワイトニングの良い所は、万が一知覚過敏がでた場合でも、自分で日を空けたり、特定の歯にだけジェルをいれなかったりと自由に調整ができるところです。また、歯科医院によっては、知覚過敏抑制用のジェルや歯磨き粉をくれる所もあります。

ホームホワイトニングを行なう場合は、自分の歯のタイプに合った濃度を選ぶことが大切です。間違った濃度を選ぶと、効果が現れる前に知覚過敏がでて装着できない、ということになりかねません。

ホワイトニングの経験が多く、よく相談できる歯科医院を選ぶようにしてくださいね。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。