デイホワイトDayWhiteホームホワイトニングの通販値段と効果



Unknown

現在、ホームホワイトニング剤として数多くの種類が発売されています。

そのほとんどは、ホワイトニング大国のアメリカから直輸入されているものです。

ホームホワイトニング剤として有名な、デイホワイトDayWhiteの効果と通販値段相場をご紹介します。

ホームホワイトニング デイホワイトDayWhiteとは?

デイホワイトDayWhiteとは、アメリカのDiscus社が自身のオフィスホワイトニングブランドZOOM!と合わせて発売しているホームホワイトニングシステムです。

昼間用のデイホワイトと、夜間用のナイトホワイトがありますが、デイホワイトのほうがよく売れています。

成分は過酸化水素で、濃度は各%のシリーズがあります。

デイホワイトの特徴は、ACP(Amorphous Calcium Phosphate不定形リン酸カルシウム) が配合されていることです。
このACPは、Discus社の特許成分で、ハイドロキシアパタイトのコーティングを再生することによりエナメル質を修復します。

また、フッ素を高める効果もあり、ホワイトニング後の歯の修復作用の効果が高く、知覚過敏が起きにくいとされています。

デイホワイトDayWhiteのホワイトニング効果は?

大阪のホワイトニングサロン 河野歯科医院でも、12年まえからホワイトニングを行なって来ておりますが、もちろんこのデイホワイトDayWhiteも利用していたことがあります。

デイホワイトDayWhiteを使った効果の感想としては、「続ければかなり白くなる効果が高いが、1週間〜2週間くらいして知覚過敏がでてくる人がかなりの割合でいる」ということです。

白くなる効果は高いのですが、途中でしみたり痛みを訴える人が多かったのです。

もちろん、このデイホワイトDayWhiteの中には知覚過敏抑制剤が配合されていたのですが、それでも日本人にとっては、歯のエナメル質が薄いためか、アメリカ人に比べると知覚過敏がでやすい傾向にあるようでした。

そういった方には、また別に知覚過敏抑制剤をお渡しし、塗ってもらう処置をしていました。

デイホワイトDaywhiteの通販値段の相場は?

デイホワイトDaywhiteをホームホワイトニング剤として個人輸入したいと考えられている方がいるかもしれませんが、残念ながら一般の方が個人輸入することはできません。

すべて、歯科医師免許を持つ院長が、歯科医院毎に正規代理店を通して輸入することになります。

この仕入れの通販会社の値段の相場は、3本入りで33ドル、6本入りで65ドルといったところです。
これに、送料や関税がかかります。

ドル計算なので、日本円にすると価格が変動します。円高のときに購入するほうが得策だといえます。

以上、ホームホワイトニングのデイホワイトDayWhite情報でした。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。