歯周病でもホワイトニングは可能?



ホワイトニングを行う前には、虫歯や歯周病でないか診査する必要があります。

この際、歯周病である場合は、先に歯周病の治療を行なわなければなりません。

かといって、日本人の80%はすでに歯周病にかかっており、
歯周病にも段階があるので、実は軽度であればそのままホワイトニングができるケースがあります。

今回はどの程度の歯周病ならホワイトニングは可能なのかご説明します。

歯周病でもホワイトニングは可能?

まず、ホワイトニングができない歯周病の状態は、以下のようなケースです。

・歯石や歯垢がたくさんついている。
(汚れが多すぎて、ホワイトニング剤を塗布できない)

・ホワイトニングをしても、口腔衛生が悪すぎて意味がないようなケース

・歯ぐきが腫れており、出血が多いケース

・歯ぐきが下がって、根がみえて知覚過敏を起こしているケース

・歯周病が進み、歯がグラグラになっているケース

このように、重度の歯周病の場合は「歯を白くすることよりも、むしろお口の環境を整えましょう」となりますので、ホワイトニングは適応になりません。

おそらく、このようなケースではご自分でわかってらっしゃるので、ホワイトニングをしたいという方もほとんどいらっしゃらないかと思います。

軽い歯周病でホワイトニングができる?

それでは、若い人に多くみられる、軽い歯周病ではどうなのでしょうか?

このようなケースが考えられます。

・朝起きたときに、口臭がする

・朝起きたときに、口がネバネバする

・時々歯磨きをすると、歯ブラシに血がにじんでいる

・たまに知覚過敏がする

・歯ぐきの一部が少し赤く腫れている感じがする

・歯ぐきがかゆくなることがある

こういった軽度の歯周病では、実際に状態をみないと判断がつかないケースです。

これらは一つ一つお口の状態により歯科医師や歯科衛生士が判断して、ホワイトニングができるかどうか決定しています。

非常に微妙なラインなので、もし心当たりのある方は、遠慮なく歯科医院にご相談下さい。

くれぐれも、セルフホワイトニングバーなどで自己判断でホワイトニングを行なわないようにご注意下さい。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。