虫歯がある場合にホワイトニングは可能か?



歯に虫歯があるけれど、歯を白くしたい方が少なからずいるのではないかと思います。

実は、歯に虫歯があっても、ホワイトニングができる場合と、
できない場合があります。

歯が虫歯になっている場合、ホワイトニングができるかについて、
今回はご説明します。

歯に虫歯があるが、ホワイトニングできる場合

歯に虫歯があるが、ホワイトニングができる場合は、例えば以下のようなケースです。

・奥歯に虫歯があるが、前歯のみホワイトニングを行う場合

・親知らずやその手前の歯に虫歯があるが、ホームホワイトニングを行う場合
(親知らずやその手前の奥歯はジェルを使わない場合)

・ホワイトニングしたい歯に虫歯があるが、その虫歯が初期虫歯で、
 削らなくてもよい場合

歯に虫歯があり、ホワイトニングができない場合

逆に、歯に虫歯があってホワイトニングできないケースは、以下のような場合です。

・歯を白くしたい歯が虫歯で穴があいている場合

・虫歯ですでに痛みやしみがある場合

・虫歯の治療中の歯がホワイトニングしたい歯の近くにある場合

・虫歯の歯がホワイトニングしたい歯の近くにある場合

実際に虫歯があるかどうかは、口の中を診査してみないとわかりません。

虫歯は歯と歯の間にある場合は、特に見えづらく、虫歯の中期までは痛みがないため、
自分では全く気づかないからです。

そのため、自己判断でホワイトニングを行ったり、
最近増えている「ホワイトニングバー」などの「セルフホワイトニング方式」や、エステ店のホワイトニングは大変危険です。

これらは、口の中を全くチェックせずにホワイトニングを行っているので、
施術後痛みを訴えるトラブルが相次いでいるのです。

また、使用しているホワイトニング剤も歯科医院のものと全く機序が異なるので、
白くする効果は非常に低くなります。

1歯1回500円〜と一見安いようにみえますが、実はお口全体を白くしようとすると、1回1万円以上かかり、実際歯科医院で行うオフィスホワイトニングと値段が変わらないのです。

(当クリニックで扱っているオフィスホワイトニングは、1回6000円〜です。)

ホワイトニングを行う場合は、必ず国家資格を持つ歯科医師や歯科衛生士のいる歯科医院で行うようにしましょう。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。