歯の色を確認するホワイトニング専用のブリーチシェードとは?



ホワイトニングを行うときには、現在の歯の色をチェックして調べてから、
どれくらい歯が白くなりそうか予想してホワイトニングを行います。

施術後、また歯の色を確認します。

このように歯の色を確認する際、「シェードガイド」とよばれるものを使うのですが、
一般的な日本人の平均の歯の色はA2〜A3といわれています。

歯の色を確認するシェードガイドとは

数字が小さくなるほど歯の色は明るいです。

A3は見た目でも結構黄ばみがあると感じる色です。

A2はそれに比べると明るいですが、まだ白いといえる段階ではありません。

これがもっと明るくなると、A1とよばれる歯の色の段階になります。
A1はかなり白い色段階で(上から2番目)、
実際セラミック治療でもA1を指定して作成することが多いです。

ちなみに、通常のシェードガイドにある1番上の色段階はB1です。

ホワイトニング専用のブリーチシェード

しかし、実はもっと白い色段階があるのをご存知でしょうか?

それが、ホワイトニング専用のブリーチシェード(ハリウッドカラー)と呼ばれるものです。

BL!、BL2と「BL」がついているのが特徴です。

このブリーチシェードは、一般に歯科医院に普及しているシェードガイドにはありません。
ホワイトニング専用のシェードガイドにしかないものなのです。

ホワイトニングを続けていると、必ずA1を超えるときがきます。
というより、むしろA1を超えてこそ「白くなったね!」と周りからいわれるのです。

ですから、ホワイトニングをする際は、ぜひこのブリーチシェードを目指してください。

もし、ホワイトニングを行っている歯科医院に「ブリーチシェード」が置いていなければ、
その歯科医院ははっきりいって「ホワイトニングのことをよくわかっていない」と言わざるをえません。

そのような歯科医院ではホワイトニングを行わないほうがよいでしょう。

まずは、カウンセリングの際に、自分の歯の色はどの色段階なのか、そしてどの色を目指せるのかについて、
歯科衛生士や歯科医師によくご相談くださいね。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。