差し歯の根元が黒くなってきた場合の治療方法



差し歯をいれている方はかなりおられると思いますが、

差し歯をいれてから、何年かたつと、差し歯の根元部分が黒くなってくる場合があります。

この黒くなる原因と治療方法についてご説明します。

差し歯の根元が黒くなる原因

差し歯の根元が黒くなる原因は、差し歯の金属によるものです。

差し歯にも色々と種類があるのですが、昔から歯科医院で使われているのは、

保険治療ですと「レジン前装冠(プラスチックの差し歯)」で、

自費治療ですと「メタルボンド(セラミックの差し歯)」になります。

どちらも表側はプラスチックまたはセラミックで、白い歯なのですが、
裏側(歯の中身にあたる部分)は金属でできているのが特徴です。

この金属フレーム部分が、根元のあたりに少しあるので、
年数がたって歯茎が下がってくるとみえてくるため、黒くなってくるのです。

差し歯で根元が黒くなった場合の治療

差し歯の根元が黒くなって気になる場合は、差し歯をやりかえる治療を行います。

最近では、金属フレームを一切使わないジルコニアセラミックがありますので、
やりかえるならジルコニアセラミックのほうがよいでしょう。

昔はジルコニアという製品はなかったので、
金属を使用したメタルボンドやレジン前装冠で治療するほかなかったのです。

また、歯茎がこれ以上下がらないために、歯周病予防をすることも大切です。

歯茎が下がる原因は、不適切な歯磨き(オーバーブラッシング)や、歯周病によるものですから、
歯科衛生士に歯磨き方法を指導してもらい、定期的に歯のクリーニングを行いましょう。

そうすることで、再治療をするリスクを減らせ、結果的にトータルのコストを減らすことができます。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。