ホームホワイトニングのトレーの液溜まりは不必要



ホームホワイトニングを行うとき、歯科医院でマウスピースのようなホームトレーを作成してもらいます。

これは、歯科医院で型取りをして、その人にピッタリのオーダーメイドでホームトレーを作成するものです。

このときに、ホームトレーに液溜まりを作成する歯科医院と、液溜まりを作成しない歯科医院とがあります。

ごくたまに、お客様から「液溜まりは必要なのか」について質問されますので、
液溜まりについてご説明します。

ホームホワイトニングのトレーの液溜まりについて

ホームホワイトニングのトレーにある液溜まりとは、ホームホワイトニング用ジェルを入れる為に、
ジェルが入る余分なすき間のことです。

これはどうやって作るのかご説明します。

1)まず、お客様の歯の型を印象剤でとります。(粘土のようなものをかんでいただきます)

2)その後、石膏を注入し、石膏模型を作成します。

3)石膏模型上の歯の表面に、ワックスで小さな「ボタン」くらいの大きさのポチを作ります。

4)トレー作成用の機械で、ホームトレー用のシートを模型にはめ、
  温め吸引しながらトレーを作成します。

5)トレーの形を適宜整え、完成です。

このように、石膏模型上にあらかじめワックスで余分な部分を追加しておくことで、
トレーにホームホワイトニングジェルが入るすき間ができます。

ホームホワイトニングトレーの液溜まりは不必要

以前は、ホームホワイトニングトレーの液溜まりは必要だ、という傾向がありましたが、
最近では液溜まりは不必要といわれています。

これは、最近のホームホワイトニングジェルの性能が上がり、
液溜まりを作成しなくても均一に歯になじむことができるためです。

また、液溜まりを作ってしまうと、かえってジェルが一部のみに溜まり、
不均一な色調になってしまうリスクもあります。

ですから、現在ではトレーの液溜まりは不必要という考えが最新です。

もし、「トレーの液溜まりが必要」と歯科医師に言われたとしたら、
それは、古い知識かもしれません。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。