ホワイトニング白くならない歯となる歯の違い



ホワイトニングをすると、すべて歯が白くなると思い込んでおられる方が時々おられます。

それは全く違って、実はホワイトニングを行っても白くなる歯とならない歯があります。

その違いについて今回はご説明したいと思います。

ホワイトニングで白くなる歯

ホワイトニングで白くなる歯は、天然の歯のみです。

例えば、もともと黄ばみが強い歯をお持ちの方や、
コーヒーや紅茶などが好きで着色してきてしまった歯が対象となります。

他にも、タバコが好きでヤニがついている方でもホワイトニングで白くなります。

もちろん、そのままホワイトニングをするよりも、前もってクリーニングを行って茶渋やヤニを除去してから行うほうが効果があがります。

また、天然の歯の中で、神経が死んでしまった歯の場合は、通常のホワイトニングで白くなりません。ご注意ください。

(その場合は、インターナルブリーチングという内部から白くする方法か、差し歯による治療が必要です。)

ホワイトニングで白くならない歯とは?

ホワイトニングで白くならない歯は、天然の歯ではない歯です。

例えば、差し歯や銀歯など、保険の治療を行ったあとの歯です。

他にも、セラミック治療など自費治療を行った歯も対象です。

虫歯で歯の一部を削り、プラスチックを詰めている場合は、天然の歯が残っている部分はホワイトニングで白くなりますが、プラスチックの部分は白くなりません。

そのため、このケースでホワイトニングを行うと、ホワイトニングで白くなった天然の歯の部分と、プラスチックの色の違いがくっきりとでてしまい、かえって着色が目立ってしまう場合があります。

このような場合は、ホワイトニングを行ってから、プラスチックをその白さに合わせてやりかえられることをおすすめします。

プラスチックの色は、保険治療では数種類しかなく、決められているので、もしかするとホワイトニングで白くなった歯と合わないかもしれません。

その場合は、自費治療になりますが、「ハリウッドカラー」と呼ばれるホワイトニング専用の色シェードがありますので、その白い色のプラスチックで詰めてもらうようにお願いしましょう。

しかし、このプラスチックは、歯科医院によっては取り扱っていない場合もありますので、注意してください。

前もって、ホワイトニングの前に「ホワイトニング用のプラスチックの種類はありますか?」と聞いておくとよいでしょう。

そのようなプラスチックを準備している歯科医院は、適当にホワイトニングをしているのではなく、本格的にホワイトニングを行っていると考えられます。

(世の中には、大した知識がないのにもかかわらず、皆が行っているからとホワイトニングを導入している歯科医院も多く存在するからです。)


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。