セルフホワイトニングは違法?危険性と効果を検証



スクリーンショット 2014-08-19 4.09.28

最近、セルフホワイトニングを行う店などが女性誌などで取り上げられています。

これは、歯を白くする漂白剤を自分で歯に塗り、LEDのライトをあてて白くするという方法です。

セルフホワイトニングに効果があるのか、
そしてリスクや危険性がないのか検証してみました。

【目次】

セルフホワイトニングとは?

セルフホワイトニングとは、自分で漂白剤を歯に塗るのが特徴です。

まず、口の中を歯ブラシで磨き、独自で開発した漂白剤を歯に塗って、

自分でLEDのライトをあてます。

お店自体も歯科医院ではなく、エステ店のような店舗で行ないます。

このとき、虫歯や歯にヒビがあった場合はしてはいけませんが、
歯科医師や歯科衛生士が在籍していないので、そのチェックがありません。

セルフホワイトニングは違法?

セルフホワイトニングは、お客様自身が医薬部外品のジェルを使用してホワイトニングを行ないます。

これは何故かというと、出店している店は「歯科医院ではなく」「歯科医師や歯科衛生士が在籍していない」ため、法律でお客様の口の中に触れる行為ができないのです。

通常の医薬品のジェルを使用したオフィスホワイトニングは医療行為にあたります。

ですから、歯科医師や歯科衛生士という国家資格保持者でないと、口に触れることは絶対に行ってはいけない行為なのです。

このため、お客様にセルフでホワイトニングをしてもらうことで、法律をうまくすりぬけているといえます。

ですから、違法ではありませんが、かなりグレーに近いといえます。

ただし、以下のケースの場合は、完全に違法になりますのでご注意下さい。

・医薬品である過酸化水素を使用したホワイトニングを歯科医院でない店舗で行なっているケース

・医療機器である照射ライトを歯科医院以外で使用しているケース

・お客様への施術(ジェルの塗布など口に触れる行為)を行なっているケース

・ブラッシング指導などの口腔ケアアドバイス、虫歯や歯周病のチェックを行なっているケース

・漂白効果を高めるために、医薬品である過酸化水素をジェルの中に混ぜているケース

セルフホワイトニングの効果

セルフホワイトニングは、医薬部外品の重曹などをジェルに使用しています。

これは通常のホワイトニングに用いられる過酸化水素とは全く機序が異なり、歯の表面の汚れをとる程度です。歯の表面の汚れがとれるので、白くなったようにみえますが、もともと生まれつきの歯の色以上に白くすることはできません。

ですので、何回通っても、もともとの歯の色以上には白くならないので、セルフホワイトニングで真っ白にすることは不可能です。

セルフホワイトニング店のスタッフに歯科医療者はいません

セルフホワイトニング店のスタッフは、全員無資格のアルバイトか社員で、歯科医師や歯科衛生士はいません。

こういったところで、万が一知覚過敏や虫歯、歯にヒビがあった場合など、対処できるのでしょうか。

信頼できる本当のホワイトニング選びとは

信頼できる本当のホワイトニングとは、ホワイトニングの経験が豊富な歯科医院で施術を受けることです。

歯の色や質は人それぞれ異なるので、全ての人に画一的なやり方はあり得ないのです。個人差を加味し、ホワイトニングの照射時間や濃度、ホームホワイトニングとの組み合わせなどを経験から検討して行なうのが最も効果的な方法です。

そのほうが安全に受けられ、自分に歯に合ったやり方を組めるので、下手に安い医薬部外品のホワイトニングに手を出すよりも、結局費用対効果も安くつくのです。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。