歯医者がおすすめする虫歯予防歯磨き粉



こんにちは、大阪淀屋橋の河野歯科医院です。

みなさんは、普段の歯磨きでどんな歯磨き粉を使われていますか?

実は、歯磨き粉には使っていいものとダメなものがあるのをご存知でしたか?

今回は歯医者がおすすめする虫歯予防の歯磨き粉について、ご紹介します。

使っていい歯磨き粉、ダメな歯磨き粉があるってホント?

こんなことを聞いた事がありませんか?

「美容室のシャンプーはいいけど、スーパー薬局で売られている市販のメ○ットや絶対買うな!」

美容師さんたちは、絶対に「髪のために、美容室で売られているものか、それに類する品質の良いシャンプーを使ってください」と話しています。

これは決して、美容院の売り上げのためではなく、美容師さんが「市販のシャンプーは髪に害がある」ことを知っているからです。

実際、美容師さんが市販シャンプーがどれほど害があるのか実験したブログ記事があります。

これと同様、実は歯磨き粉にも同じ事がいえるんです。

使っていい歯磨き粉、ダメな歯磨き粉の見分け方

歯磨き粉を買う前に、まずは商品の裏面にある表記をみてみましょう。

そこには、様々な化学成分の名前がズラっと並んでいます。

・フッ化ナトリウム/モノフルオロリン酸ナトリウム(虫歯予防)

・ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)

・ソルビトール、グリセロール、プロピレングリコール(湿潤剤)

・サッカリンナトリウム(香味料)

・水酸化アルミニウム(研磨剤)

・キサンタンガム、ポリアクリル酸Na(粘結剤)

この中で、一番クセモノなのが、ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)です。

ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)は、石油系の合成界面活性剤で、安価なためシャンプー、歯磨き粉、リキッドソープなどに幅広く使用されている成分です。

洗浄効果が高く、安価であるため、安いシャンプーや歯磨き粉には絶対といっていいほど含まれています。

しかし、経皮吸収(口の粘膜から吸収される)ことにより、味覚障害や口内炎ができたり、ひいては発がん性まで指摘されている、毒性が危険視されている成分でもあります。

以下のような動画もあります。メダカをラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨き粉を溶かした水と非含有の歯磨き粉水の中にいれたところ、ラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨き粉水にいたメダカはすべて死んでしまったという実験です。

発がん性に関しては、化粧品・薬品会社などが作った関連団体からの反対もあり、長年の研究で「発がん性がある」ことについては賛否両論があります。

しかし、この実際に実験した動画をみると、体によくなさそうだな、というのは意識していただけるかもしれません。

じゃあ、オーガニック歯磨き粉はどうなの?いいの?

さて、ではどのような歯磨き粉が安全でかつ虫歯予防ができるのでしょうか?

安全な歯磨き粉選びたい、ということであれば、完全オーガニックの歯磨き粉を選ぶ方も少なくないでしょう。
しかし、オーガニックの歯磨き粉には弱点があります。それは、研磨剤や虫歯予防効果のある成分が含まれていないため、「虫歯予防効果がない」「使っていると、着色してくる」などです。

ですので、単に「歯磨きをした感覚」を得られたらよいくらいのであれば、オーガニック歯磨き粉でも問題ありませんが、本当にナチュラルに生きたいのであれば、そもそも歯磨き粉も使わなくてよいと思います。

水だけで十分ということです。
(ただ、水だけだと着色したり、口臭がしたりはしますが・・)

歯医者がおすすめする歯磨き粉は?

以上を踏まえて、歯科医師の立場からみて、安全かつ虫歯予防もできる歯磨き粉をご紹介します。

ジェルコート

オーラルケアから発売されている、ジェル状の歯磨きです。

薬用成分にクロルヘキシジンとβ―グリチルレチンが入っており、歯茎を引き締め炎症を抑える効果があります。また、フッ素化合物も含まれているので、虫歯予防効果もあります。

もちろん、あのラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)は含まれていません。
発泡剤がないので、長時間の歯磨きもOKです。

1本で歯周病と虫歯予防が両方できてしまうという、大人の方におすすめの歯磨き粉です。

ただし、1つだけ欠点があります。

それは、クロルヘキシジンが含まれているため、長期間使用を続けていると歯が緑色に着色してくるということです。

ですので、着色も予防しながら虫歯予防もしたい、という方には以下の製品をおすすめします。

→コンクール ジェルコートの詳細はこちら

ナチュラルボーテ ホワイトニングペースト

歯科衛生士がホワイトニングと虫歯予防を両方できるものを開発した歯磨き粉です。

ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)は含まれていません。

ホワイトニングと虫歯予防に特化しており、これ1本で歯を白く、かつ虫歯予防をしていくことができます。
(歯周病予防の成分は含まれていませんが、歯磨き自体が歯周病予防になりますので問題ありません)

着色や口臭を予防しながら、かつ安全に虫歯予防をしていきたい方におすすめする歯磨き粉です。

→ナチュラルボーテホワイトニングペーストの詳細はこちら


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。