大阪のオフィスホワイトニング導入の種類と歴史



大阪淀屋橋にあるホワイトニングクリニック、河野歯科医院です。

河野歯科では、今ほど歯のホワイトニングが知られていなかった10年以上前から、本格的なオフィスホワイトニングを導入してまいりました。

大阪淀屋橋の河野歯科医院が行ってきたオフィスホワイトニング

行ってきたオフィスホワイトニングの種類は多岐にわたります。

例えば、以下のようなものです。

ブライトスマイル

NASAが開発した、アメリカ生まれの高品質オフィスホワイトニングです。
ハリウッドスター並の白さにたった1、2回で白くすることができ、お口をあけて1時間あけて光を照射するだけというシステムは、当時画期的でした。大阪では早く導入したのが河野歯科医院です。

しかし、欠点は高濃度のジェルを使用するために非常に知覚過敏がでやすく、しみやすくなることでした。
実際、施術を行った後はヒリヒリしたり、冷たい水を飲んでしみたりする方が続出。

白くなるけれども、痛みは勘弁・・・とあまり評判の良くないシステムとなりました。

さらに、ブライトスマイル自体が非常に高額なシステム(ロイヤルティが高額なのです)であり、全国に導入している歯科医院は今でも限られています。このため、一般のお客様が受けようと思っても、1回6〜8万以上と非常に高額なオフィスホワイトニングで、あまり人気ではありません。

その後、ブライトスマイルは日本から撤退しました。

ZOOMホワイトニングシステム

次に導入したのが、ZOOMホワイトニングシステムです。
これはブライトスマイルを参考にアメリカで開発されたオフィスホワイトニングです。こちらも大阪でいち早く導入しました。

ブライトスマイルのメリット「非常に白くなる」ことと、デメリット「知覚過敏がでやすい」ことを抑えることを兼ね備えた理想的なシステムでした。

実際、ブライトスマイルよりは施術中・施術後の痛みがでにくく、かつしっかり白くなってくれるのでお客様に非常に人気のあったシステムです。

とはいえ、やはり5人に1人くらいの割合で、知覚過敏がでてしまう方がいらっしゃいました。
これは、個人差があって、エナメル質が薄い方や、若い方に痛みが出やすいという傾向がありました。

逆に一方、外国の方(河野歯科は英語診療可能なので、外国人の患者さんがたくさん来られます)は知覚過敏がでにくかったですね。

TIONホワイトニング

なかなか良いシステムだったZOOMホワイトニングも、数年前に終わりを遂げます。
というのは、なんとZOOMホワイトニングを管轄している母体の会社が買収されてしまい、日本への薬剤輸入が禁止されストップされてしまったからなのです。

こうして、今では、日本でZOOMホワイトニングを受ける事はできなくなりました。
現在ではZOOM2ホワイトニングをされている歯科医院も中にはおられますが、実際は在庫限りのジェルを使用しているのみなので、おそらく1、2年以内には完全にZOOMホワイトニングは国内でなくなるでしょう。

さて、次に登場したのがTIONホワイトニングです。

TIONホワイトニングは、国内で開発されたホワイトニングシステムで、ホームとオフィスの両方があります。
日本の歯科会社GCが開発しており、知覚過敏もほどよく抑制され、かつまぁまぁ白くなるというシステムになっています。

まぁまぁというのがポイントでして・・・なんといいますか、日本的な「悪くもなく、それほど良くもなく」という感触でしょうか。ハイ。

それほど、個性的な魅力はないものの、日本的な平均的に良いですよ、という商品です。
TIONをされている歯科医院ももちろんいらっしゃいます。大阪でも何件かはされているのではないでしょうか。

デメリットは、GCが一切割り引きをしていないため、お客様が受ける価格が高額のまま固定されていることです。(はっきりいって、相場より高いです)

ホワイトクールホワイトニング

さて、最後に登場しましたのがホワイトクールホワイトニングです。
現在も河野歯科では大阪で一番早くホワイトクールホワイトニングを導入した歯科医院だと思います。

これは語ると長くなるほどストーリーがありまして、出会ったときは驚きと感動に包まれました。

というのは、なんと従来のシステムにはつきものだった歯肉保護がいらないからなのです。

歯肉保護とは、ホワイトニング薬剤ジェルが歯茎につかないようにするため、歯茎を保護する目的で、プラスチックのガムを塗って光で照射する行程です。これがかなり熟練しないと難しく、かつ時間もかかる作業でオフィスホワイトニングの時間がかかる原因となっていました。お客様自体もしんどい行程です。

この歯肉保護が全くいらず、歯茎に優しいジェルを使い、ただお口を空けているだけで1回8分で終了するホワイトニングなのです。

さらに、知覚過敏が他のシステムより圧倒的に出にくいのも特徴です。

こうして、歯と歯茎に優しいジェルで、安全かつ快適に歯を白くしていけるシステム「ホワイトクール」に出会ったのでした。

また、この施術はエステのように心地よく受けられるように、スタッフ一同、大阪心斎橋にあるホワイトニングサロンBeauteの一流講師を招いて、研修を受けました。

これにより、単に歯を白くするジェルを塗って、光をあててハイおわり!というようなホワイトニングではなく、フェイシャルエステを受けにきたような感覚で、癒されながら歯を白くしていくことができます。

この施術テクニックができるスタッフのいる歯科医院は、全国でも10-20件くらいしかありません。

ぜひ一度、大阪淀屋橋の河野歯科医院で、心地よいホワイトニングを味わってみてください。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。