歯周病予防に良いアロマで歯肉マッサージしませんか?



こんにちは、大阪のホワイトニングサロン 河野歯科医院です。

最近、アロマが配合されたジェルを使った歯肉マッサージがあるのをご存知ですか?

保険適応にはなりませんが、歯のクリーニングのあと、アロマが配合されたジェルを使って歯茎を押したりクルクルとマッサージしていくもので、内側からほっぺたを伸ばしたり、口の中のツボを押したりします。

今回は、歯肉マッサージとアロマの効果についてご紹介します。

心地よい!歯肉マッサージの効果とは?

歯肉マッサージでは、指を使って(もちろん手袋をしています)歯茎を押したり、クルクルとマッサージを行い、歯茎に適度な刺激を与えていきます。

また、ほっぺたの粘膜を内側から広げたり、口の中のツボを押したりします。

その結果、歯茎の血行自体がよくなり、歯肉の炎症予防になったり、歯茎が引き締まったりすることで、歯周病予防にとても良いといわれています。

この際、歯肉マッサージのときに天然のアロマが配合されたジェルを使いますので、さらに歯周病予防になるとされています。

歯周病予防に良いアロマとは?

歯周病予防にもよく、カンジダなどにもよく効くとされているアロマで有名なのはティートリーです。

ティートリーはオーストラリアなどに生息する葉から水蒸気蒸留法で抽出されるアロマ(精油)で、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用などがあります。

今の時期、ちょうどインフルエンザの予防にも良いので、マスクに一滴ティートリーに垂らしたり、水で薄めてルームスプレーとしてお部屋で使えば、インフルエンザの感染予防にもなります。

このティートリーが配合されたジェルを使って歯肉マッサージを行えば、より歯周病予防にもなりますし、入れ歯のつけおきの水に一滴たらせば入れ歯によるカンジダ予防にもなります。

アロマは天然の草花から抽出されますので、人工物である薬と違って副作用の心配もありません。

アロマと歯科はとても良い組み合わせなのです。

一度アロマを使った歯肉マッサージを受けてみられませんか?


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。