歯科医院での滅菌消毒システムをチェックする方法



歯科医院の治療で大切なのは、滅菌消毒システムをはじめとした感染対策がしっかりとしているかということです。

歯科治療で抜歯をしたり、歯を削ったり、歯石をとったりと出血する場面も多々ある事から、感染対策が万全の歯医者で治療を受ける必要があるのはいうまでもありません。

しかし、実際には昔ながらの歯科医院を中心に、滅菌消毒処置がきっちりと行われていないところがあるのをご存知でしょうか。

今回は、歯科医院の滅菌消毒システムについてご紹介します。

歯医者の滅菌消毒システムとは?

まず、一般の方には滅菌と消毒の違いが聞き慣れないかもしれません。

滅菌とはすべての細菌、ウイルスを殺してしまうことをいいますが、消毒とは病原性のある微生物を害のない程度まで減らすことをいいます。つまり、滅菌のほうが強力で、消毒は弱い〜中程度とイメージしていただくとよいでしょう。

歯科医院での滅菌方法としては、オートクレーブを使った高圧蒸気滅菌法が一般的です。その他には、ガス滅菌もあります。金属製の器具は基本的に高圧蒸気滅菌法が使われます。

しかし、歯科医院で治療に使う器具の中には、高圧蒸気滅菌法を使うと器具が痛んだり、故障したりするものがあり、滅菌できないものも多くあります。そのため、薬液消毒もよく使われます。

すべての器具を滅菌しなければならないというものではなく、基本的には抜歯など観血処置に使われる器具は滅菌を行い、口の中に触れる機会のない器具は消毒するというように使い分けを行います。

歯科医院で滅菌消毒が正しく行われていない所も・・

とはいえ、一部の昔ながらの歯科医院では(保険診療で数をこなす治療を行ってきている所)、滅菌消毒処置にコストがかかりすぎるため、滅菌すべき器具を消毒だけにするなど、きちんと滅菌消毒をしていないケースが見受けられます。

これらの理由として歯科医院側は「保険治療の費用が安すぎて赤字のため、滅菌消毒を行うコストがない」と主張しています。これは保険治療が安すぎるというのは事実でありますが、だからといって患者さんの安全に関わることをおざなりにするのはいけません。

そこで、滅菌消毒がきちんと行われているか、チェックする方法を一つご紹介します。

歯医者で滅菌消毒がきちんと行われているかチェックする方法

それは、一つの方法として「滅菌パックを目の前で開けているか」ということが挙げられます。

滅菌パックは歯医者で使う器具のセットを1つ1つパッキングし、高圧蒸気滅菌機にかけて滅菌するときに使われます。これを診療の際に目の前で開けてくれる歯医者は、まず安心できるといえます。

もちろん、滅菌パックを使わないでむき出しのまま滅菌にかけている歯科医院も存在しますので、滅菌パックを使っていないからといって、即「滅菌消毒をきちんとしていない」とはいえません。

ですので、一つの参考にされるとよいでしょう。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。