歯の白班を消すエナメルマイクロアブレージョン治療とは?



時々、歯の表面に白い白班がある方がいらっしゃいます。

これをホワイトスポットと呼ぶこともありますが、歯磨きやホワイトニングを行うだけでは白班が消えないことがあります。

この際、非常に珍しい方法ですがエナメルマイクロアブレージョンという治療を行うことがあります。今回は白班を消すエナメルマイクロアブレージョンについてご紹介します。

エナメルマイクロアブレージョンとは?

そもそも、歯の表面の白班(ホワイトスポット)は、部分的に歯の表面のエナメル質の石灰化がうまくいかず、低石灰化しているものです。

この原因は歯が生えるまでの期間、つまりお母さんが妊娠中〜乳幼児期の栄養状態や薬物服用の有無、口腔内状態などが影響しているのではと考えられています。

歯の白班(ホワイトスポット)の状態は個々により様々であり、歯の表層に少しだけとどまる場合や、かなりの深さまで白班がある場合などによって、治療の難易度が異なります。

エナメルマイクロアブレージョンでは、主にエナメル質を若干溶かす薬剤を用いて、白班部分を溶かし、表層をポリッシング(丁寧に磨く)することにより、白班を目立たなくさせていきます。

これに加えて、ホワイトニングを併用すると光の透過具合が変化し、白班がほぼ消えることがあります。

歯を溶かすといってもミクロ単位ですので、虫歯になったり歯にダメージがあるという心配は最小限ですみます。

歯を削ってプラスチックのレジンをつめるという方法もありますが、プラスチックレジンは吸水性を持つため、時間が経つと変色してくるという欠点があります。

エナメルマイクロアブレーションを行う歯科医院は少ないです

エナメルマイクロアブレーションで用いられる薬剤は、ほとんど海外製品を用いて行われます。このため、症例数も少ないこともあいまってエナメルマイクロアブレーションを行う歯科医院は全国でもほとんどありません。

歯の白班(ホワイトスポット)でお悩みの方は、まずはホワイトニング専門の歯科医院で相談されることをおすすめします。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。