ホワイトニングと歯のクリーニングの違い



ホワイトニングと歯のクリーニングの違いについて、時々混同されて質問を受けることがあります。

「クリーニングでホワイトニングした」と意味を混同しておられる方もいらっしゃるようです。

今回はホワイトニングと歯のクリーニングの違いについてご説明します。

歯のクリーニングとは?

歯のクリーニングとは、歯の表面についている歯垢やヤニ・ステインなどの着色汚れをとってきれいにするものです。

歯の内部から白くするホワイトニングとは違って、歯の表面の汚れや着色のみを除去するものになります。よって、茶渋などはクリーニングでとれますが、もともとの歯の色はそのままですので、歯の汚れがとれることによって歯が明るくなる効果はあるものの、もともとの色より歯が白くなることはありません。

歯科医院で「歯の掃除をしましょう」「クリーニングをしておきましょう」といわれるのは、この行為を指します。

クリーニングについてはこちらの記事もご参照ください。

ホワイトニングとの違い

一方、ホワイトニングは歯の内部から白くする治療になります。

テトラサイクリン歯など、薬の副作用で歯の内部からグレーに変色してしまったような歯でもホワイトニングを行えば白くしていくことが可能です。

日本人はもともと歯の黄ばみがあるのですが、これは歯の内部にある象牙質の黄ばみが透けて見えているためです。この歯の黄ばみを白くするためには、歯のクリーニングではできず、ホワイトニングを行うことが必要です。

以上、ホワイトニングと歯のクリーニングの違いについてご説明しました。参考になれば幸いです。


歯を白くしたいけれど、ホワイトニングまではちょっと・・という方へ

歯を白くしたいけれど、ホワイトニングはちょっと面倒だし・・と思われている方は、普段の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に変えられるのがおすすめです。

    
ホワイトニング歯磨き粉は数多く売られていますが、日本製の歯磨き粉は薬事法の関連で漂白成分が少なく、ほとんど白くならないので注意してください。中には詐欺まがいのものも売られていますので。

確実に白くなる効果が高いものは、アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。中でもスーパースマイルが定番で、特にスーパースマイルアクセラレータは単体でもかなり白くなります。当院でもスタッフが使用していますし、お客様にもおすすめしているものです。
詳しくはこちらの記事も参考にしてください。